北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

十勝毎日新聞

余剰熱マンゴー 収量増で売り上げ躍進【鹿追】

パンナコッタを手に、マンゴー栽培の手応えを語る植田代表(前列右)。同左は賛助ボランティアの外城未来さん、後列は栽培管理を一手に担う古橋和久さん

 鹿追町のバイオガスプラントで生じる余剰熱を活用したマンゴー栽培が好調だ。収量、品質共に年々向上し、今年度の売り上げは2013年度の事業開始以来初めて、町の補助金を上回った。

 町のマンゴー事業は、町と町農村青年会がコンソーシアムを組んで実施。町環境保全センター内のハウスで、冬はバイオガスプラントの余剰熱、夏は雪氷エネルギーを活用し、32本のマンゴーを栽培している。

 18年度までは木の生育を優先して実の数を制限していたが、19年度は制限を無くしたことで収量が前年度比4倍の530個と大幅増加。今年度は授粉のタイミングを工夫するなどして750個まで増えた。

 温度・湿度管理や剪定(せんてい)方法など試行錯誤を重ね、品質も向上。ノラワークスジャパン(音更)が販売する高級マンゴー「白銀の太陽」の基準をクリアする実が103個、「十勝マンゴー」が251個に上った。その他加工用も含め収入は192万円で、町から受けた団体負担金150万円を上回った。

 もともと高齢者や主婦、障害者などの雇用の場の創出や、再生可能エネルギーの利活用による産業振興が目的の事業だが、町から補助金を受けているため、もうけが期待されるようになってきた。また、町民が口にする機会が少なく、町内では必ずしも事業が高く評価されていないのが現状。

 事業に関わる人も一時は2人まで減少していたが、昨年からは有償の賛助ボランティアを募り、現在は主婦を中心に6人が協力。ハネ品を活用したスイーツ「パンナコッタ」も開発し、町内の国際交流センター平成館内のカフェで販売するなど、町民還元の機会をつくっている。

 また、今年度はふるさと納税に試験出品したところ、1個3万5000円の白銀の太陽2個が即完売したといい、今後は本格的に出品して町への寄付額増加にもつなげたい考え。コンソーシアムの植田憲明代表(31)は「今後も試行錯誤しながら、町民の理解を得ながら事業を進めていきたい」としている。

関連記事

十勝毎日新聞

十勝ワイン2種受賞 「ブルーム白」「セイオロサム白」【池田】

 カキやラムなど食材との組み合わせに最適なワインを厳選する「ワインペアリングコンテスト2021」のオイスター部門で、町ブドウ・ブドウ酒研究所が製造する十勝ワインの「ブルーム白(NV)」(750ミリ...

十勝毎日新聞

福原「塩ザンギ」金賞 管内スーパーで初 からあげGP【帯広】

 スーパー・福原(帯広市)の総菜「デカ旨!塩ザンギ」が、第12回からあげグランプリ・北日本スーパー惣菜部門で金賞に輝いた。十勝のスーパーでは初めて。同社は「ヘルシーだが、ぱさつきがちな『鶏ムネ肉...

十勝毎日新聞

「道外、海外にも」 ニンジンジュース披露 道フードネット設立【帯広】

 十勝などの道内の事業者・生産者などで立ち上げた「北海道フードネットワークプロジェクト」は8日、帯広市内で記者会見を開き、第1弾のニンジンジュース「愛(めぐみ)NINJIN」を披露した。JAおと...

名寄新聞

餅のように伸びる感触・「新食感 もちプリン」販売【名寄】

 名寄市西13南5(豊栄通り沿い)の「カントリーマム」(店主・滝沢美也子さん)では、道産のもち粉を使った「新食感 もちプリン」を開発し、販売を開始。餅のように伸びるのが特徴で、独特の食感を楽しめ...

苫小牧民報

ハスカップの風味丸ごと 搾りかすからワイン-はすかっぷサービスが商品化

 苫小牧市元中野町のはすかっぷサービス(大西育子代表)は、ハスカップ搾汁後の残渣を原料にしたワインを商品化する。酪農学園大学(江別市)の応用微生物学研究室と共同開発し、ハスカップの色や風味を生か...

CATEGORY記事カテゴリー

MEDIA参加新聞社

ARCHIVE月別記事リスト

RANKINGアクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス