北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

苫小牧民報

とませいのキャラ「ナスタ」製作 苫小牧総経生とまちづくり会社「クリラボ」

イメージキャラクター完成を喜ぶ関係者

 苫小牧市のまちづくり会社とまこまいクリエイティブラボ(クリラボ)と苫小牧総合経済高校マーケティング部は26日、市内清掃業「とませい」のイメージキャラクターを完成させた。名前は、スウェーデン語で「次に」を意味する「ナスタ」。4月から同社のごみ収集車にラッピングする予定で、関係者は「市民に親しまれるキャラクターに育って」と願っている。

 クリラボは若者の活躍を後押しする合同会社で昨年6月に設立され、今回のキャラクター製作が初仕事。磯貝大地代表(42)は「次世代を担う若者が地域の課題に取り組み、地域に思い入れを持ってくれたら」と同9月、同部に協力を依頼した。本来なら引退を迎える3年生が、新型コロナウイルスの影響で例年のように活動できなかったため喜んで協力した。

 阿部野々花さん(18)、伊藤真羽さん(18)、佐藤七星さん(18)、齊籐歩奈さん(18)、齊籐依津美さん(18)、櫻井優衣さん(18)、山本野乃華さん(17)の7人はまず、とませいから要望を聞き取りながらキャラクターのデザインを考案。1人で数体ずつ考え、プレゼンテーションしては却下され、また考える日々。磯貝さんも交えて検討を重ね、提案は約50体に及んだという。

 決まった「ナスタ」は同社が取り組む持続可能な開発目標「SDGs(エスディージーズ)」を意識し、名前もSDGs達成度世界一のスウェーデンにちなんだ。ジェンダー平等を表す中性的なキャラクターで、同社の企業カラー黄、青、緑を基調にまとめた。胸には循環型企業を主張するリサイクルループを、耳などに「市の木」ナナカマドをあしらった。

 7人は「会社の歴史などを勉強し、どんな要素を入れたらいいかを考えた」と振り返り、デザインが採用された齊籐依津美さんは「みんなに好きになってもらえたら」と喜んだ。同高で完成の報告を受けたとませいグループの髙橋美涼さん(20)、松浦寧々さん(20)、田村七香さん(19)は「自分たちの難しい要望に応えてくれた」と感謝し、「できればグッズ化し『とまチョップ』の友達にしたい」と夢を膨らませた。

関連記事

函館新聞

函館駅前の花壇整備完了 今年も花いっぱいに【函館】

 春から秋にかけてJR函館駅前を彩る花壇の造成作業が16日で完了した。春花壇は5月上旬にはチューリップがピークを迎え、徐々にパンジーがボリュームを増し、一帯を花の香りで包み込む。近場で気軽に楽し...

函館新聞

ひきこもり支援の一助に セラピア農園開園【函館】

 NPO法人「セラピア」(函館市桔梗町、平田聡理事長)は今年度から、農業を障害者の就労や生きがいづくりにつなげる「農福連携」を本格的に始め、このほど、同市石川町に「セラピア自然農園」を開園した。...

釧路新聞

消防本部岩見さん「指導救命士」に認定【釧路】

  釧路市消防本部(石山巌消防長)の救急救命士、岩見誠二さん(43)が同本部初の「指導救命士」に認定された。指導救命士は17日現在、全道で28人、釧根管内では岩見さんを含め3人で、救急隊員への指導...

十勝毎日新聞

旅立ち迫る 猿別川サケ稚魚【更別】

 春を迎えた猿別川の上流で、サケの稚魚の群れがすくすくと成長し、海への旅立ちの時を待っている。  十勝釧路管内さけ・ます増殖事業協会(帯広)が、3~5月に十勝管内12水系で計約1億1600万匹...

十勝毎日新聞

若駒 大舞台目指し 能検始まる ばんえい競馬【帯広】

 帯広市主催のばんえい競馬で、デビュー前の新馬の適性を見極める今年度の「第1回能力検査」が18日、帯広競馬場で行われた。雨が降りしきる中、未来の出世馬の期待を受けた新馬が力強い走りを見せた。 ...

CATEGORY記事カテゴリー

MEDIA参加新聞社

ARCHIVE月別記事リスト

RANKINGアクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス