北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

十勝毎日新聞

実勝寺の「一世紀」刊行 開基100年【芽室】

 芽室町内の日蓮宗本樹山実勝寺(東芽室南2線、内山智伸住職)が2020年に開基100年を迎えたことを記念し、「開基百年史 寶土(ほうど)」を刊行した。5年ほどかけて編さんしてきた同寺護持会元事務局長の坂本行記さんは「調べていくと、どんどん歴史の深さをとても感じた」と話している。

「開基百年史 寶土」を手にする(左から)坂本さんと内山住職

 実勝寺は、大正山法華寺(帯広)を開山した内山智耀が、1920年に芽室に法華寺布教所を開いたことが始まり。48年に公称を日蓮宗本樹山実勝寺とした。内山智伸住職は5世。

 これまで一度も文書整理されていなかった中での編さん活動に、坂本さんは「先が見えない中で当てもなく調べ続ける大変さがあった」と振り返る。2015年から作業を始め、檀家(だんか)や護持会に残されている資料などを改めて整理。100年間の寺の歩みや団体参拝の記録、開基100年を記念した座談会などを収録している。

 記念史は今年2月16日に完成。この日は宗祖日蓮聖人生誕800年の日で、お礼の意も込めて奉納した。A4判285ページで、250部を作成。現在約180戸の檀家のほか、関係者にも配布する。

 内山住職は「昔から利他の心を持って信仰を大事にしていたことが今の礎をつくったと思うと、とても感慨深い。檀家の皆さんの思いが脈々とつながっている温かいお寺だと改めて感じた」と話した。

関連記事

十勝毎日新聞

「再開」「休止」割れる 地域交流サロン 自粛要請解除【帯広】

 帯広市内で市民が運営する高齢者の居場所「地域交流サロン」について、帯広市社会福祉協議会(社協)は3月末、新型コロナウイルスの影響による活動自粛の要請を解いた。今月活動を再開したサロンがある一方、...

十勝毎日新聞

サクラ 咲いた 森末整形外科【帯広】

 帯広市内の森末整形外科医院(西3南5、森末克彦理事長)敷地内のエゾヤマザクラが早くも開花した。薄ピンク色の花が十数輪ほど色づき、患者や職員らの心を和ませている。  このサクラは樹齢約50年。...

十勝毎日新聞

片付けのきっかけに 24日「もったいない市」開催【士幌】

 整理収納アドバイザーの資格を持つ、町内の柴田円里さん(40)と加納美恵さん(47)が24日午前10時から正午まで、カフェ「みんなのもりのくまさん」(町士幌仲通27)で「クリーニングデイ士幌 も...

函館新聞

函館駅前の花壇整備完了 今年も花いっぱいに【函館】

 春から秋にかけてJR函館駅前を彩る花壇の造成作業が16日で完了した。春花壇は5月上旬にはチューリップがピークを迎え、徐々にパンジーがボリュームを増し、一帯を花の香りで包み込む。近場で気軽に楽し...

函館新聞

ひきこもり支援の一助に セラピア農園開園【函館】

 NPO法人「セラピア」(函館市桔梗町、平田聡理事長)は今年度から、農業を障害者の就労や生きがいづくりにつなげる「農福連携」を本格的に始め、このほど、同市石川町に「セラピア自然農園」を開園した。...

CATEGORY記事カテゴリー

MEDIA参加新聞社

ARCHIVE月別記事リスト

RANKINGアクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス