北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

函館新聞

稜北高、リモート校歌で最後の卒業式 動画を作成【函館】

校歌を唄う様子を動画に収める生徒

 3月末で閉校する函館稜北高校(田邊禎明校長)の36期生114人の卒業式が同1日に挙行される。新型コロナウイルス感染防止で校歌斉唱で声を出すことができないため、生徒や教職員、同窓生が校歌を唄う様子をまとめた動画を作成。38年の歴史をリモートによる稜北生の歌声で締めくくる。

 動画の作成は学校として最後の卒業式の思い出を残そうと生徒会役員が企画した。校歌はこれまで同校の学校祭「稜北祭」や各種式典などで全校で斉唱してきた。現3年生が入学した2018年度で募集停止となったことで年度を追うごとに学年が少なくなり、今年度は1学年のみに。生徒会の西村拓人会長は3学年がそろっていた1年生当時を思い出し「入学当初に全校で校歌を唄い、稜北生としての誇りを感じた。3学年で歌う機会もだんだん少なくなることを知っていたので、気持ちを込めて歌っていた」と振り返る。

 動画は今月上旬から集め、在校生のほか、SNSを通じて同窓生にも募集を呼び掛けた。当日は校歌斉唱のタイミングで上映し、約40人による歌声で最後の卒業式に花を添える。3年の大川登也さん、吉山凌平さんは「卒業に加え、学校がなくなってしまうと思うとより寂しさがこみあげてくる。これまで支えてくれた人への感謝を胸に3年間の集大成として堂々と臨みたい」、西村会長は「稜北は最後までウィズコロナの新しい挑戦をしているというところを見せられたらうれしい。稜北生の思いがこもった動画になれば」と力を込める。

 同校の田邊校長は「学校として最後の1年だったが、たくましい生徒のおかげで前向きに過ごすことができた。寂しさはぬぐえないが、生徒とともに卒業式当日を迎えたい」と話している。

関連記事

十勝毎日新聞

「再開」「休止」割れる 地域交流サロン 自粛要請解除【帯広】

 帯広市内で市民が運営する高齢者の居場所「地域交流サロン」について、帯広市社会福祉協議会(社協)は3月末、新型コロナウイルスの影響による活動自粛の要請を解いた。今月活動を再開したサロンがある一方、...

十勝毎日新聞

サクラ 咲いた 森末整形外科【帯広】

 帯広市内の森末整形外科医院(西3南5、森末克彦理事長)敷地内のエゾヤマザクラが早くも開花した。薄ピンク色の花が十数輪ほど色づき、患者や職員らの心を和ませている。  このサクラは樹齢約50年。...

十勝毎日新聞

片付けのきっかけに 24日「もったいない市」開催【士幌】

 整理収納アドバイザーの資格を持つ、町内の柴田円里さん(40)と加納美恵さん(47)が24日午前10時から正午まで、カフェ「みんなのもりのくまさん」(町士幌仲通27)で「クリーニングデイ士幌 も...

函館新聞

函館駅前の花壇整備完了 今年も花いっぱいに【函館】

 春から秋にかけてJR函館駅前を彩る花壇の造成作業が16日で完了した。春花壇は5月上旬にはチューリップがピークを迎え、徐々にパンジーがボリュームを増し、一帯を花の香りで包み込む。近場で気軽に楽し...

函館新聞

ひきこもり支援の一助に セラピア農園開園【函館】

 NPO法人「セラピア」(函館市桔梗町、平田聡理事長)は今年度から、農業を障害者の就労や生きがいづくりにつなげる「農福連携」を本格的に始め、このほど、同市石川町に「セラピア自然農園」を開園した。...

CATEGORY記事カテゴリー

MEDIA参加新聞社

ARCHIVE月別記事リスト

RANKINGアクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス