北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

十勝毎日新聞

武四郎本 新たに寄付 「西蝦夷日誌」現代語訳 市に150冊【帯広】

 「あずきバー」で知られる井村屋グループ(三重県津市)は24日、北海道の名付け親で知られる松浦武四郎の「西蝦夷日誌七編」の現代語訳本・150冊(22万円相当)を、帯広市に寄贈した。市内小中学校や図書館などに配置する。

寄贈された「西蝦夷日誌七編」の現代語訳本と米沢市長

 井村屋グループは菓子原料に十勝産小豆を使用し、道内の企業や自治体とも積極的に交流。探検家の武四郎が三重県出身ということもあり、記録の保存や研究にも取り組んでいる。

 寄贈したのは「自由訳 西蝦夷日誌七編」。井村屋グループが助成し、「たけしろうカンパニー」(津市)が出版した。西蝦夷日誌七編は、武四郎が道内の日本海沿岸地域を調査した全7編の紀行本。

 24日はオンラインで贈呈式を開催。帯広市から米沢則寿市長と広瀬容孝学校教育部長、井村屋側は浅田剛夫会長と中島伸子社長が出席した。市がオンラインで寄付を受けるのは初めてで、寄贈図書と感謝状をそれぞれ事前に送付した。

 井村屋グループは2018年にも「十勝日誌」の自由訳本を市に1400冊寄贈している。米沢市長は3年前の寄贈にも触れ、「子どもたちから『松浦武四郎についてもっと知りたい』との声が寄せられている。小中学校の読書活動や授業の教材に活用させてもらう」と述べた。

 浅田会長は「西蝦夷日誌も興味深い内容なので、楽しみながら読んでほしい」と話していた。

関連記事

苫小牧民報

むかわ町の地域おこし協力隊 新たに3人就任 穂別地区拠点に活動

むかわ町の地域おこし協力隊として、ブラジル出身の村井エリカさん(46)、札幌市出身の佐藤雅仁さん(34)、兵庫県三田市出身の藤川幸士さん(33)の3人が就任した。穂別地区を拠点に町内で活動する。1...

苫小牧民報

カササギの営巣調査始まる 美術博物館、数や状況 把握 市民型は初めて

苫小牧市美術博物館は18日から、市内で目撃例が相次いでいるカササギの営巣調査に本格的に乗り出した。館のボランティア組織「博物館友の会」有志ら20人が5月31日までの期間、手分けして市街地全域の営巣...

苫小牧民報

市美術博物館 「コイノボリ大火と苫小牧消防史」 29日から企画展の準備進む

1921(大正10)年の大火から100年を迎える今年、苫小牧市美術博物館は29日に開幕する企画展「コイノボリ大火と苫小牧消防史」の準備を本格化させている。市消防本部に保管されていた腕用(わんよう)...

十勝毎日新聞

「再開」「休止」割れる 地域交流サロン 自粛要請解除【帯広】

 帯広市内で市民が運営する高齢者の居場所「地域交流サロン」について、帯広市社会福祉協議会(社協)は3月末、新型コロナウイルスの影響による活動自粛の要請を解いた。今月活動を再開したサロンがある一方、...

十勝毎日新聞

サクラ 咲いた 森末整形外科【帯広】

 帯広市内の森末整形外科医院(西3南5、森末克彦理事長)敷地内のエゾヤマザクラが早くも開花した。薄ピンク色の花が十数輪ほど色づき、患者や職員らの心を和ませている。  このサクラは樹齢約50年。...

CATEGORY記事カテゴリー

MEDIA参加新聞社

ARCHIVE月別記事リスト

RANKINGアクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス