北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

苫小牧民報

「一日も早く北海道を元気に」 道内7空港民営化完了-北海道エアポート

道内7空港の民間委託が完了し、記者会見に臨む蒲生社長

 北海道エアポート(HAP)は1日、稚内、釧路、函館、帯広、女満別の5空港の運営事業を開始した。すでに運営を受託している新千歳、旭川両空港と合わせて7空港での上下一体運営が本格始動し、これで道内の空港民営化(運営権一括民間委託)は完了した。

 開始したのは滑走路や誘導路、駐機場の運営、施設管理、保安防災などの空港運営事業。蒲生猛社長は同日、新千歳空港国際線ビル内で記者会見し、「空港経営は厳しいが、北海道の優位性を最大限生かし、一日も早く空港、北海道が元気になるようにしていかなければならない」と強調した。

 蒲生社長はまた、2020年度から5年間の中期事業計画の見直しに触れ、「投資額約1000億円のうち、(新たな設備導入に充てる)活性化投資は当初の600億円を3分の1以下に、滑走路修繕に掛かる費用も20%強をカットする」と修正内容を明らかにした。国際線ビル建設など1000億円の半分以上の投資は「後ろ倒しとなる」と述べた。

 新型コロナウイルス感染拡大に伴う新千歳の乗降客減少は、同社に深刻な打撃を与えている。20年の乗降客数は国内線が58・2%減の866万5563人。同3月下旬以降、一般乗降客ゼロが続く国際線は83・6%減の63万1983人と大幅に下落。ビル内のテナント料収益のほか、航空各社の減便で駐機料収入にも影響している。

 HAPは19年8月に北海道空港を代表企業に17社で、民営化のための特別目的会社として設立。同10月に国土交通省などと民間委託に向けた実施契約を締結した。契約期間は49年までの30年間。20年1月に7空港ビルの運営を一斉に開始し、6月に新千歳空港、10月に旭川空港で、それぞれ空港運営事業を開始していた。

関連記事

十勝毎日新聞

「再開」「休止」割れる 地域交流サロン 自粛要請解除【帯広】

 帯広市内で市民が運営する高齢者の居場所「地域交流サロン」について、帯広市社会福祉協議会(社協)は3月末、新型コロナウイルスの影響による活動自粛の要請を解いた。今月活動を再開したサロンがある一方、...

十勝毎日新聞

サクラ 咲いた 森末整形外科【帯広】

 帯広市内の森末整形外科医院(西3南5、森末克彦理事長)敷地内のエゾヤマザクラが早くも開花した。薄ピンク色の花が十数輪ほど色づき、患者や職員らの心を和ませている。  このサクラは樹齢約50年。...

十勝毎日新聞

片付けのきっかけに 24日「もったいない市」開催【士幌】

 整理収納アドバイザーの資格を持つ、町内の柴田円里さん(40)と加納美恵さん(47)が24日午前10時から正午まで、カフェ「みんなのもりのくまさん」(町士幌仲通27)で「クリーニングデイ士幌 も...

函館新聞

函館駅前の花壇整備完了 今年も花いっぱいに【函館】

 春から秋にかけてJR函館駅前を彩る花壇の造成作業が16日で完了した。春花壇は5月上旬にはチューリップがピークを迎え、徐々にパンジーがボリュームを増し、一帯を花の香りで包み込む。近場で気軽に楽し...

函館新聞

ひきこもり支援の一助に セラピア農園開園【函館】

 NPO法人「セラピア」(函館市桔梗町、平田聡理事長)は今年度から、農業を障害者の就労や生きがいづくりにつなげる「農福連携」を本格的に始め、このほど、同市石川町に「セラピア自然農園」を開園した。...

CATEGORY記事カテゴリー

MEDIA参加新聞社

ARCHIVE月別記事リスト

RANKINGアクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス