北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

十勝毎日新聞

搾乳ロボ導入 管内117戸 全道382戸【十勝】

 道農政部は、道内での搾乳ロボットの導入状況などをまとめた「新搾乳システムの普及状況」を公表した。搾乳ロボを導入している農家は前年から83戸増えて382戸、うち十勝は31%に当たる117戸と地区別では最も多かった。規模拡大が進む中、省力化を見込んで積極的な投資をしている様子がうかがえる。

十勝を始め、全道的に導入が増えている搾乳ロボット

 昨年2月1日現在で、道内の搾乳農家5311戸に調査。昨年12月下旬に結果を公表した。

 搾乳ロボが道内に初めて導入されたのは1997年。労働力不足への対応から、作業を省力化する機械の導入が進んでおり、その後も毎年10戸程度で導入が進んだ。2014年度は全道で150戸だったが、15年度以降は畜産クラスター事業などの活用で導入が加速。約5年で導入戸数が倍以上に増えている。

 今回の調査では、十勝管内の導入農家は前年から18戸増加。2位は根室(90戸)、3位はオホーツク(60戸)で、100戸以上で導入しているのは十勝のみとなっている。搾乳農家数からみた割合も、十勝(1113戸)は10.5%で最も高い。

 十勝は規模拡大に意欲的な農家が多く、積極的な投資が図られている。搾乳ロボを導入している市内の酪農家は「労働力、労働時間削減の面で(ロボット導入の)効果を実感している」と話す。

 道農政部はフリーストール牛舎・ミルキングパーラーの導入についても調査。ミルキングパーラーは主にフリーストール牛舎で導入される。人が動いて搾乳するつなぎ牛舎と比較し、まとめて搾乳ができるなど効率が良く、大規模経営で採用されている。

フリーストールの普及率も道内最多

 フリーストール・ミルキングパーラーいずれも導入しているのは全道で1578戸(普及率29.7%)。十勝は481戸(同43.2%)に上り、戸数、普及率とも全道で最も高かった。

 同部は「十勝では酪農家が大規模経営を行っていることを表している。搾乳ロボについては全道的に導入が続いている」としている。

関連記事

十勝毎日新聞

「再開」「休止」割れる 地域交流サロン 自粛要請解除【帯広】

 帯広市内で市民が運営する高齢者の居場所「地域交流サロン」について、帯広市社会福祉協議会(社協)は3月末、新型コロナウイルスの影響による活動自粛の要請を解いた。今月活動を再開したサロンがある一方、...

十勝毎日新聞

サクラ 咲いた 森末整形外科【帯広】

 帯広市内の森末整形外科医院(西3南5、森末克彦理事長)敷地内のエゾヤマザクラが早くも開花した。薄ピンク色の花が十数輪ほど色づき、患者や職員らの心を和ませている。  このサクラは樹齢約50年。...

十勝毎日新聞

片付けのきっかけに 24日「もったいない市」開催【士幌】

 整理収納アドバイザーの資格を持つ、町内の柴田円里さん(40)と加納美恵さん(47)が24日午前10時から正午まで、カフェ「みんなのもりのくまさん」(町士幌仲通27)で「クリーニングデイ士幌 も...

函館新聞

函館駅前の花壇整備完了 今年も花いっぱいに【函館】

 春から秋にかけてJR函館駅前を彩る花壇の造成作業が16日で完了した。春花壇は5月上旬にはチューリップがピークを迎え、徐々にパンジーがボリュームを増し、一帯を花の香りで包み込む。近場で気軽に楽し...

函館新聞

ひきこもり支援の一助に セラピア農園開園【函館】

 NPO法人「セラピア」(函館市桔梗町、平田聡理事長)は今年度から、農業を障害者の就労や生きがいづくりにつなげる「農福連携」を本格的に始め、このほど、同市石川町に「セラピア自然農園」を開園した。...

CATEGORY記事カテゴリー

MEDIA参加新聞社

ARCHIVE月別記事リスト

RANKINGアクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス