北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

十勝毎日新聞

オレノココロ コウシュハウンカイ 引退へ ばんえい記念が最後【帯広】

史上最多の重賞25勝など「史上最強馬」とも称されるオレノココロ(鈴木恵一騎手)=ばんえい十勝提供

 ばんえい十勝は、21日の最高峰重賞「ばんえい記念」(BG1)をラストレースに、重賞25勝のばんえい重賞最多記録を持つオレノココロ(牡11歳、槻舘重人調教師)と、同15勝のコウシュハウンカイ(同、松井浩文調教師)、同1勝のソウクンボーイ(同、西邑春夫調教師)が引退する。オレノココロとコウシュハウンカイは歴史に残る名勝負を何度も繰り広げ、近年のばんえい競馬を支えてきた。最後の勝負も注目される。

 オレノココロは2012年5月デビュー。13年の「ばんえいダービー」(BG1)で重賞初勝利を飾ると、その後も活躍を続け、「ばんえい記念」を3度制すなど時代をけん引してきた。1月の「帯広記念」(同)を制し、9年連続の重賞勝利を果たすなど「ばんえい史上最強馬」との呼び声も高い。通算成績は172戦52勝。

 コウシュハウンカイは2012年4月デビュー。13年の「ばんえい菊花賞」(BG2)で重賞初勝利。「帯広記念」など重賞15勝。連対率(1、2着に入った確率)は51.1%と50.0%のオレノココロを上回り、圧倒的な安定感で人気を博した。通算成績は190戦50勝。

重賞15勝、安定した強さで人気を博したコウシュハウンカイ(藤本匠騎手)=ばんえい十勝提供

 2012年の「ヤングチャンピオンシップ」(BG2)を制したソウクンボーイ(通算成績260戦39勝)を加えた3頭の引退セレモニーは、20日の第1レース前の午後1時からパドックで行い、花束贈呈などが行われる(ファンからのプレゼントは1階総合案内所で受け付ける)。

重賞1勝、ばんえい記念を最後に引退するソウクンボーイ(村上章騎手)=ばんえい十勝提供

 オレノココロ、コウシュハウンカイの引退記念オリジナルトートバッグ(各80個)のプレゼントも抽選で行われる。希望者は20日午前11時から21日午後9時まで、ばんえい十勝ホームページ内の特設サイトから応募する。

関連記事

函館新聞

函館駅前の花壇整備完了 今年も花いっぱいに【函館】

 春から秋にかけてJR函館駅前を彩る花壇の造成作業が16日で完了した。春花壇は5月上旬にはチューリップがピークを迎え、徐々にパンジーがボリュームを増し、一帯を花の香りで包み込む。近場で気軽に楽し...

函館新聞

ひきこもり支援の一助に セラピア農園開園【函館】

 NPO法人「セラピア」(函館市桔梗町、平田聡理事長)は今年度から、農業を障害者の就労や生きがいづくりにつなげる「農福連携」を本格的に始め、このほど、同市石川町に「セラピア自然農園」を開園した。...

釧路新聞

消防本部岩見さん「指導救命士」に認定【釧路】

  釧路市消防本部(石山巌消防長)の救急救命士、岩見誠二さん(43)が同本部初の「指導救命士」に認定された。指導救命士は17日現在、全道で28人、釧根管内では岩見さんを含め3人で、救急隊員への指導...

十勝毎日新聞

旅立ち迫る 猿別川サケ稚魚【更別】

 春を迎えた猿別川の上流で、サケの稚魚の群れがすくすくと成長し、海への旅立ちの時を待っている。  十勝釧路管内さけ・ます増殖事業協会(帯広)が、3~5月に十勝管内12水系で計約1億1600万匹...

十勝毎日新聞

若駒 大舞台目指し 能検始まる ばんえい競馬【帯広】

 帯広市主催のばんえい競馬で、デビュー前の新馬の適性を見極める今年度の「第1回能力検査」が18日、帯広競馬場で行われた。雨が降りしきる中、未来の出世馬の期待を受けた新馬が力強い走りを見せた。 ...

CATEGORY記事カテゴリー

MEDIA参加新聞社

ARCHIVE月別記事リスト

RANKINGアクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス