北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

苫小牧民報

ハスカップの風味丸ごと 搾りかすからワイン-はすかっぷサービスが商品化

ハスカップワインの試作品をアピールする大西部長

 苫小牧市元中野町のはすかっぷサービス(大西育子代表)は、ハスカップ搾汁後の残渣を原料にしたワインを商品化する。酪農学園大学(江別市)の応用微生物学研究室と共同開発し、ハスカップの色や風味を生かした試作品が完成。同社の大西陽一開発研究部長は「pH(水素イオン指数)値が低い酸性のまま発酵させることに成功した。2021年度中に販売したい」と意気込んでいる。

 同社は厚真町産ハスカップを販売し、ジャムやゼリーなどの商品を開発している。商品の材料は果実や果汁を使うが、搾った後に残る果皮はこれまで利用方法はなかった。大西部長は「果皮はポリフェノールなど栄養成分が豊富。捨てるのはもったいない」と、搾りかすをさらに搾るワイン化を発案。20年度の道央産業振興財団助成事業として同大と共同研究し、ばんけい峠のワイナリー(札幌)に試験醸造を委託した。

 こだわったのはハスカップらしい色や香り、味わいをそのまま生かすこと。一般的な酵母は発酵に適したpH値が高く、白ワインに近いロゼタイプとなりがちだった。野生酵母を何種類も試し、pH値3程度の低い酸性のまま、赤ワインのような色や香りを残して発酵させられる酵母を確認した。酵母の名前から「はすかっぷクルゼイワイン」と名付けた。

 大西部長は「既製品のハスカップワインと比べて酸味があり、味や香りはハスカップそのまま」と手応えを語る。果皮をそのまま使うか、さらに粉砕するかで、アルコール分も7%、9%の2種類ができ、「お酒に強くない人でも気軽に楽しめる。爽やかな味わいで炭酸割りにしてもいける」と太鼓判を押す。ハスカップは原料が高価なため価格設定に悩みそうだが、「残渣は冷凍保存してあるので、いつでも商品化できる」といい、21年度中の販売を目指す。

関連記事

十勝毎日新聞

「おめざ感謝祭」 話題の味求め列 藤丸で31日まで【帯広】

 TBS系列の人気番組で紹介されたグルメを集めた「オールTBS&HBC おめざ感謝祭」が20日、帯広市内の藤丸7階催し会場で始まった。午前10時の開場前から多くの人が並び、にぎわっている。31日...

十勝毎日新聞

「雪の妖精」お土産に 「シマエナガ」菓子商品化【帯広】

 南製菓(帯広市、南隆司社長)は、「雪の妖精」とも称される道内生息の野鳥「シマエナガ」をモチーフに商品化した。主に土産用として、十勝管内外の主な道の駅や温泉ホテルなどで販売されている。  新た...

名寄新聞

美深産ホップと小麦使用・「南2021」の販売スタート【美深】

 株式会社美深白樺ブルワリー(町内大通北4、高橋克尚代表取締役)は、道産白樺樹液を使ったクラフトビールの季節限定商品として、美深産ホップと小麦を使用したウィートエール「南2021」の販売をスタ...

十勝毎日新聞

吉川屋のおはぎ ハピオのきな粉とコラボで金・土限定発売【幕別】

 幕別町の漬物店「十勝漬物 吉川屋」(明野540)の吉川トシ子代表(77)が手作りしたおはぎが「おいしい」と話題を呼び、金・土曜日限定で音更町のスーパー・ハピオなどできな粉をかけた「吉川屋のおはぎ...

名寄新聞

「ピリピリ親父のペッパーハム」販売【名寄】

 有限会社鈴木ビビッドファーム(名寄市日進495、鈴木康裕代表取締役)では、このほど新商品の「ピリピリ親父のペッパーハム」を発売。ブラックペッパーが効いた豚肉のハムで、ピリ辛感を味わうことがで...

CATEGORY記事カテゴリー

MEDIA参加新聞社

ARCHIVE月別記事リスト

RANKINGアクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス