北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

釧路新聞

クレインズ、平均来場者数は微減【釧路】

 

コロナ禍にあってもクレインズの応援に駆け付けたファン(1月17日、ひがし北海道クレインズアイスアリーナ)

アジアリーグアイスホッケージャパンカップ2020は、新型コロナウイルス感染拡大の影響をまともに受け、試合日程の変更、中止が相次いだ。ひがし北海道クレインズも、観客を入れたホームゲームを例年の半分以下の8試合しか組めず、損害を被った。ただ、平均来場者数は902人で、前年比微減で抑えた。

 ジャパンカップは国内5チームによるリーグ戦で、例年より1カ月以上遅れの2020年10月10日に開幕した。当初、5チーム8回戦総当たり、全80試合(1チーム32試合)を予定していたが、国の新型コロナウイルス感染症対策によって、20年12月末から21年3月初めにかけて大幅な日程調整を余儀なくされ、最終的には52試合(うち2試合は無観客)でシーズンを終了した。

 クレインズは22試合(うち2試合は辞退)に臨み、本拠地ひがし北海道クレインズアイスアリーナでのホームゲームは10試合を戦った。1月9、10両日の栃木日光アイスバックス戦は、リーグ初の無観客で行ったため、実際には8試合としてみると、釧路開催の来場者総数は7213人、平均来場者数は5チーム中2位の902人(前年比114人減)だった。各チームがコロナ禍で集客に苦戦する中、地元ファンが観戦し底堅さを示した。

 12月に全日本選手権を制し初のビッグタイトルを獲得したクレインズは、地元カードが続く年末年始に誘客イベントを用意していたが、首都圏での感染者急増、緊急事態宣言の発令で全て頓挫。栃木日光との無観客試合2試合に加え、平時であれば最も誘客が見込める1月16、17両日の王子イーグルス戦も道内客限定での開催で振るわなかった。さらに、12月26、27両日の横浜グリッツ戦は延期から一転して中止に。釧路での初戦は来季以降に持ち越しとなった。

 コロナ禍で``戦う機会、、を奪われたクレインズは、不完全燃焼のまま3位に沈んだ。池田一騎主将(28)は「選手にとってはモチベーションを維持するのが大変で、チームをまとめるのも難しかった。特に、公式戦の中止が続き、自分たちではどうしようもない理由でリーグ制覇の目標がなくなり、目の前の試合だけに集中するのは厳しかった」と振り返った。一方で、ホームゲームの来場者数が堅調だったことについては「多くのファン、スポンサーの制約が掛かる状況で、アリーナに来て応援してくれた。大きな力になった。来季もプロアイスホッケー選手として楽しませられるよう準備する」と感謝し、健闘を誓った。

関連記事

苫小牧民報

むかわ町の地域おこし協力隊 新たに3人就任 穂別地区拠点に活動

むかわ町の地域おこし協力隊として、ブラジル出身の村井エリカさん(46)、札幌市出身の佐藤雅仁さん(34)、兵庫県三田市出身の藤川幸士さん(33)の3人が就任した。穂別地区を拠点に町内で活動する。1...

苫小牧民報

カササギの営巣調査始まる 美術博物館、数や状況 把握 市民型は初めて

苫小牧市美術博物館は18日から、市内で目撃例が相次いでいるカササギの営巣調査に本格的に乗り出した。館のボランティア組織「博物館友の会」有志ら20人が5月31日までの期間、手分けして市街地全域の営巣...

苫小牧民報

市美術博物館 「コイノボリ大火と苫小牧消防史」 29日から企画展の準備進む

1921(大正10)年の大火から100年を迎える今年、苫小牧市美術博物館は29日に開幕する企画展「コイノボリ大火と苫小牧消防史」の準備を本格化させている。市消防本部に保管されていた腕用(わんよう)...

十勝毎日新聞

「再開」「休止」割れる 地域交流サロン 自粛要請解除【帯広】

 帯広市内で市民が運営する高齢者の居場所「地域交流サロン」について、帯広市社会福祉協議会(社協)は3月末、新型コロナウイルスの影響による活動自粛の要請を解いた。今月活動を再開したサロンがある一方、...

十勝毎日新聞

サクラ 咲いた 森末整形外科【帯広】

 帯広市内の森末整形外科医院(西3南5、森末克彦理事長)敷地内のエゾヤマザクラが早くも開花した。薄ピンク色の花が十数輪ほど色づき、患者や職員らの心を和ませている。  このサクラは樹齢約50年。...

CATEGORY記事カテゴリー

MEDIA参加新聞社

ARCHIVE月別記事リスト

RANKINGアクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス