北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

十勝毎日新聞

似顔絵で幸せ届ける「かなやん」 瀧澤佳菜さん【帯広】

 十勝でも数少ない似顔絵師が帯広市にいる。「似顔絵師かなやん」こと瀧澤佳菜さん(24)。接客業務の経験も生かし、人物の柔らかな表情を引き出しながら描くと好評だ。「似顔絵を通して地元に元気や幸せを届けたい」と活動の幅を広げている。

描いた似顔絵を手に「地元に元気や幸せを届けたい」と話す瀧澤さん

 瀧澤さんは札幌市出身。親の転勤で小学生の時に帯広へ。帯広大谷高校を卒業後、全国で似顔絵師を派遣する団体「なつみかん」が似顔絵師を募集している投稿を偶然、インスタグラムで発見。試験を受け、昨年1月に入団した。旭川市でブライダルやアパレルといった接客業に携わりながら、月に2回ほど、似顔絵師として札幌に通った。

 しかし、新型コロナウイルスの流行で対面での似顔絵描きは難しく、徐々に仕事が減少。それでも「似顔絵を描き続けたい」と帯広に戻り、昨年10月から個人での活動を始めた。

 似顔絵師の描く絵は、人物の特徴的なパーツを強調する「カリカチュア」と呼ばれる手法が多いが、瀧澤さんの似顔絵はそうではない。おしゃべりもしながら豊かな表情を引き出し、色紙に描き出す。「人を傷つけない似顔絵を描くこと」を最大のモットーに、客の注文や意見もできるだけ細かに取り入れる。

 現在はパーテーションの使用など新型コロナ対策を十分に取りながら、岡書帯広イーストモール店やとかちプラザのドトール内で月に2、3回ほど、対面で似顔絵制作を行っている。

 スマートフォンで撮った写真からも制作し、中には死んだ愛犬、愛猫を描いてほしいという依頼も。「『また絵で会うことができた』と喜んでもらうことが多い。描いてよかったと思う」と笑顔を見せる。

 最近ではLINEのアイコン作成、ウエディングボードやグッズ制作も手掛け、幅広く活動をしている。料金などの問い合わせや制作依頼はインスタグラム(mame_animal)、LINEでも受け付けている。

関連記事

十勝毎日新聞

「再開」「休止」割れる 地域交流サロン 自粛要請解除【帯広】

 帯広市内で市民が運営する高齢者の居場所「地域交流サロン」について、帯広市社会福祉協議会(社協)は3月末、新型コロナウイルスの影響による活動自粛の要請を解いた。今月活動を再開したサロンがある一方、...

十勝毎日新聞

サクラ 咲いた 森末整形外科【帯広】

 帯広市内の森末整形外科医院(西3南5、森末克彦理事長)敷地内のエゾヤマザクラが早くも開花した。薄ピンク色の花が十数輪ほど色づき、患者や職員らの心を和ませている。  このサクラは樹齢約50年。...

十勝毎日新聞

片付けのきっかけに 24日「もったいない市」開催【士幌】

 整理収納アドバイザーの資格を持つ、町内の柴田円里さん(40)と加納美恵さん(47)が24日午前10時から正午まで、カフェ「みんなのもりのくまさん」(町士幌仲通27)で「クリーニングデイ士幌 も...

函館新聞

函館駅前の花壇整備完了 今年も花いっぱいに【函館】

 春から秋にかけてJR函館駅前を彩る花壇の造成作業が16日で完了した。春花壇は5月上旬にはチューリップがピークを迎え、徐々にパンジーがボリュームを増し、一帯を花の香りで包み込む。近場で気軽に楽し...

函館新聞

ひきこもり支援の一助に セラピア農園開園【函館】

 NPO法人「セラピア」(函館市桔梗町、平田聡理事長)は今年度から、農業を障害者の就労や生きがいづくりにつなげる「農福連携」を本格的に始め、このほど、同市石川町に「セラピア自然農園」を開園した。...

CATEGORY記事カテゴリー

MEDIA参加新聞社

ARCHIVE月別記事リスト

RANKINGアクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス