北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

十勝毎日新聞

交流つなぐ会報誌 患者団体【十勝】

 新型コロナウイルスが多くの人の生活に影響をもたらし、難病患者も不安な日々を過ごしている。患者同士は交流会などを通して互いに支え合い、病気と向き合っている。新型コロナの感染拡大で、全道集会やバザーが中止となる中、事務局が年2回発行する会報誌が会員間の気持ちをつないでいる。

会報を手にする北海道難病連十勝支部の(左から)山根隆支部長、富田勝江事務局長

「直接会えず苦しかった」
 「会員と直接会うことができず、苦しい、さみしい。そんな1年だった」。北海道難病連十勝支部の山根隆支部長は、言葉少なに昨年度を振り返った。

 会報誌は「HSK なんれん とかち」。A4判、毎号10ページ前後から成り、支部の行事や近況などを掲載している。編集作業に携わるのは、富田勝江事務局長と山根支部長の2人。事務局のある市民活動プラザ六中(帯広市東11南9)で掲載内容を話し合い、発行日の約1カ月半前から、各部会へ寄稿を依頼、ファクスで文章をやりとりし、一冊に仕上げている。

 同支部は1978年に発足。現在は筋萎縮性側索硬化症(ALS)などの病気を抱える管内の約800人が所属している。道本部の調査によると、新型コロナの感染拡大後から会員の約4割が通院控えしており、これまで以上に暮らしに不安を抱えている人も少なくない。「通院やリハビリを控えると、一層病気が進行してしまう。会員には通院は欠かさないようにと声掛けしている」と山根支部長は話す。

感染予防の情報も掲載
 会報は会員のニーズに合わせようと、第74号(昨年6月発行)では新型コロナの情報も掲載。予防策としてアルコールの使用やせっけん手洗いなどを促し、「長期化するので、疲弊しない程度に」などと呼び掛けた。一方で、道支部主催のオンラインリハビリ講座が開かれるなど、遠方にいながらも交流できるよう、オンライン開催なども活発に動きだしている。

 山根支部長は「コロナ禍になったからオンラインで交流できることも分かり、プラスの面もあった。早くみんなに会ったり、一緒にリハビリをしたりできるような日が来てほしい」と願っている。

関連記事

十勝毎日新聞

「再開」「休止」割れる 地域交流サロン 自粛要請解除【帯広】

 帯広市内で市民が運営する高齢者の居場所「地域交流サロン」について、帯広市社会福祉協議会(社協)は3月末、新型コロナウイルスの影響による活動自粛の要請を解いた。今月活動を再開したサロンがある一方、...

十勝毎日新聞

サクラ 咲いた 森末整形外科【帯広】

 帯広市内の森末整形外科医院(西3南5、森末克彦理事長)敷地内のエゾヤマザクラが早くも開花した。薄ピンク色の花が十数輪ほど色づき、患者や職員らの心を和ませている。  このサクラは樹齢約50年。...

十勝毎日新聞

片付けのきっかけに 24日「もったいない市」開催【士幌】

 整理収納アドバイザーの資格を持つ、町内の柴田円里さん(40)と加納美恵さん(47)が24日午前10時から正午まで、カフェ「みんなのもりのくまさん」(町士幌仲通27)で「クリーニングデイ士幌 も...

函館新聞

函館駅前の花壇整備完了 今年も花いっぱいに【函館】

 春から秋にかけてJR函館駅前を彩る花壇の造成作業が16日で完了した。春花壇は5月上旬にはチューリップがピークを迎え、徐々にパンジーがボリュームを増し、一帯を花の香りで包み込む。近場で気軽に楽し...

函館新聞

ひきこもり支援の一助に セラピア農園開園【函館】

 NPO法人「セラピア」(函館市桔梗町、平田聡理事長)は今年度から、農業を障害者の就労や生きがいづくりにつなげる「農福連携」を本格的に始め、このほど、同市石川町に「セラピア自然農園」を開園した。...

CATEGORY記事カテゴリー

MEDIA参加新聞社

ARCHIVE月別記事リスト

RANKINGアクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス