北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

十勝毎日新聞

トランポリン8人合格 「フーニ」の障害者向け教室【幕別】

 十勝総合型スポーツクラブ「フーニ」(幕別町札内共栄町172、稗田道也クラブマネジャー)の障害者向け教室「ポレポレクラス」の8人が、トランポリンの各級のバッジテスト(日本体操協会主催)に合格した。指導員の清野真知さんは「みんな可能性がある。仲間に囲まれて自分らしくできた」と喜んでいる。

合格証明書を手にする選手ら。(後列左から)山中大吾、紺野泰義、昆弓月、若林進、眞野陽太、(前列左から)山中元気、工藤侑摩、大林優月、山崎樹、宮田真宙、宮田太雅

 同テストは最も簡単な5級から難易度の高い1級まであり、各級で決められた10個の技に連続して挑む。同クラブがある施設で3月7日に行われたバッジテストでは、5級から2級を実施。緊張感ある中でも、それぞれが実力を発揮した。

 今回の最上級2級に挑んだ山中大吾(帯翔陽中3年)は「継続は力なり」をモットーに競技歴は7年。とにかく楽しみながら練習を積むことで、合格をつかんだ。理解ある仲間がいる環境に安心感もあり、今後も競技を続けるつもりだ。

 工藤侑摩(帯広聾学校中等部1年)は、4級と3級に同時に合格。指導者や保護者が声で伝えにくい動きは、仲間の演技や技の動画から学び続けた。水泳競技や学校の陸上部とも並行して努力を積み、昇級を果たした。

 3級に合格した紺野泰義(ひろみち、札内東中1年)は完璧な跳躍。今までは緊張でテストに挑戦できないこともあったが、今回は当日に奮い立った。すでに1級の技をこなすレベルにある。今後は宙返りとバク転も視野に練習する。

 同じく3級合格の昆弓月(ゆづき、中札内高等養護学校幕別分校3年)は、腰から落ち反転して腹で落ちる動きに苦手意識があったが、つながりを考え過ぎないことで克服。これからも楽しみながら体幹を鍛えていく。

 4級に合格した山崎樹(いつき、札内北小5年)は目標を立てて練習をこなし、若林進(26)は最後のポーズに注力した。眞野(しんの)陽太(札内北小5年)はひねる動きを磨き、大林優月(ゆづき、札内南小同)は仲間の動画を繰り返し見て5級に合格した。

 指導を続ける清野さんは、「このクラスでの活動を学校の先生が目にすれば、違った一面が見えると思う。学校では前に出ることがなくても、ここではリーダーを担う人もいる。自分で(才能に)ふたすることなくいろいろなことにチャレンジしてほしい」と、期待を込めた。

関連記事

十勝毎日新聞

「再開」「休止」割れる 地域交流サロン 自粛要請解除【帯広】

 帯広市内で市民が運営する高齢者の居場所「地域交流サロン」について、帯広市社会福祉協議会(社協)は3月末、新型コロナウイルスの影響による活動自粛の要請を解いた。今月活動を再開したサロンがある一方、...

十勝毎日新聞

サクラ 咲いた 森末整形外科【帯広】

 帯広市内の森末整形外科医院(西3南5、森末克彦理事長)敷地内のエゾヤマザクラが早くも開花した。薄ピンク色の花が十数輪ほど色づき、患者や職員らの心を和ませている。  このサクラは樹齢約50年。...

十勝毎日新聞

片付けのきっかけに 24日「もったいない市」開催【士幌】

 整理収納アドバイザーの資格を持つ、町内の柴田円里さん(40)と加納美恵さん(47)が24日午前10時から正午まで、カフェ「みんなのもりのくまさん」(町士幌仲通27)で「クリーニングデイ士幌 も...

函館新聞

函館駅前の花壇整備完了 今年も花いっぱいに【函館】

 春から秋にかけてJR函館駅前を彩る花壇の造成作業が16日で完了した。春花壇は5月上旬にはチューリップがピークを迎え、徐々にパンジーがボリュームを増し、一帯を花の香りで包み込む。近場で気軽に楽し...

函館新聞

ひきこもり支援の一助に セラピア農園開園【函館】

 NPO法人「セラピア」(函館市桔梗町、平田聡理事長)は今年度から、農業を障害者の就労や生きがいづくりにつなげる「農福連携」を本格的に始め、このほど、同市石川町に「セラピア自然農園」を開園した。...

CATEGORY記事カテゴリー

MEDIA参加新聞社

ARCHIVE月別記事リスト

RANKINGアクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス