北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

苫小牧民報

環境負荷の少ない船舶 入港料15%を減免 苫小牧港管理組合 今月から

苫小牧港管理組合は今月から、二酸化炭素(CO2)や窒素酸化物(Nx)など大気汚染物質の排出が少ない船舶を対象に、苫小牧港への入港料の15%減免を始めた。環境負荷の少ない船舶の入港を促進し、港湾地域の大気環境を改善するのが目的。期間は2026年3月31日までの5年間。

環境負荷の少ない船舶の入港を促す苫小牧港

 同様の減免は東京港と横浜港に次いで国内3港目。国際海事機関(IMO)が定める排気ガス規制基準より環境性能に優れた船舶に対し、入港料の減免でインセンティブ(動機付け)を与える。

 国際港湾協会(東京)が主導する環境対策促進プログラム「ESIプログラム」で、同協会が排出性能を評価し、環境船舶指数(ESIスコア)の基準を満たした船舶を減免の対象とする。

 苫小牧港は、北日本最大の港湾として年間約1万4000隻の船舶が入港するが、環境負荷の少ない船舶は一部に限られている。国内外でカーボンニュートラル(温室効果ガス排出ゼロ)に向けた動きが加速する中、海運からも温室効果ガス削減を検討していく。

 同管理組合の担当者は「ESIプログラムに参加することで、環境性能の良い船舶の入港を促したい」と意気込む。同協会は「苫小牧港の参加を契機に他港の参加も促し、日本におけるグリーン社会の実現に期待したい」としている。

関連記事

十勝毎日新聞

「再開」「休止」割れる 地域交流サロン 自粛要請解除【帯広】

 帯広市内で市民が運営する高齢者の居場所「地域交流サロン」について、帯広市社会福祉協議会(社協)は3月末、新型コロナウイルスの影響による活動自粛の要請を解いた。今月活動を再開したサロンがある一方、...

十勝毎日新聞

サクラ 咲いた 森末整形外科【帯広】

 帯広市内の森末整形外科医院(西3南5、森末克彦理事長)敷地内のエゾヤマザクラが早くも開花した。薄ピンク色の花が十数輪ほど色づき、患者や職員らの心を和ませている。  このサクラは樹齢約50年。...

十勝毎日新聞

片付けのきっかけに 24日「もったいない市」開催【士幌】

 整理収納アドバイザーの資格を持つ、町内の柴田円里さん(40)と加納美恵さん(47)が24日午前10時から正午まで、カフェ「みんなのもりのくまさん」(町士幌仲通27)で「クリーニングデイ士幌 も...

函館新聞

函館駅前の花壇整備完了 今年も花いっぱいに【函館】

 春から秋にかけてJR函館駅前を彩る花壇の造成作業が16日で完了した。春花壇は5月上旬にはチューリップがピークを迎え、徐々にパンジーがボリュームを増し、一帯を花の香りで包み込む。近場で気軽に楽し...

函館新聞

ひきこもり支援の一助に セラピア農園開園【函館】

 NPO法人「セラピア」(函館市桔梗町、平田聡理事長)は今年度から、農業を障害者の就労や生きがいづくりにつなげる「農福連携」を本格的に始め、このほど、同市石川町に「セラピア自然農園」を開園した。...

CATEGORY記事カテゴリー

MEDIA参加新聞社

ARCHIVE月別記事リスト

RANKINGアクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス