北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

苫小牧民報

むかわ竜ミニレプリカ完成 5分の1で手軽に持ち運び

むかわ町穂別地区で発見されたハドロサウルス科の恐竜「カムイサウルス・ジャポニクス」(通称むかわ竜)のミニレプリカがこのほど完成した。既存の大型レプリカより手軽に持ち運びができることから教育現場などの行事で大いに活用されそうだ。

完成したむかわ竜のミニレプリカ

 ミニレプリカは後ろ2本足で体を支えるように立つ2体目のレプリカをモチーフにしており、全長155センチ、高さ65センチで、従来のむかわ竜の5分の1ほどの大きさ。専門業者が3Dプリンターなどを活用して手掛け、3月下旬に完成した。町では製作に事業費660万円を計上している。

 町経済恐竜ワールド戦略室は「5分の1スケールなので、組み立てや分解が簡単にできる。(学校などの)教育活動やイベントに貸し出し、町のPRにつなげたい」と話している。

関連記事

苫小牧民報

むかわ町の地域おこし協力隊 新たに3人就任 穂別地区拠点に活動

むかわ町の地域おこし協力隊として、ブラジル出身の村井エリカさん(46)、札幌市出身の佐藤雅仁さん(34)、兵庫県三田市出身の藤川幸士さん(33)の3人が就任した。穂別地区を拠点に町内で活動する。1...

苫小牧民報

カササギの営巣調査始まる 美術博物館、数や状況 把握 市民型は初めて

苫小牧市美術博物館は18日から、市内で目撃例が相次いでいるカササギの営巣調査に本格的に乗り出した。館のボランティア組織「博物館友の会」有志ら20人が5月31日までの期間、手分けして市街地全域の営巣...

苫小牧民報

市美術博物館 「コイノボリ大火と苫小牧消防史」 29日から企画展の準備進む

1921(大正10)年の大火から100年を迎える今年、苫小牧市美術博物館は29日に開幕する企画展「コイノボリ大火と苫小牧消防史」の準備を本格化させている。市消防本部に保管されていた腕用(わんよう)...

十勝毎日新聞

「再開」「休止」割れる 地域交流サロン 自粛要請解除【帯広】

 帯広市内で市民が運営する高齢者の居場所「地域交流サロン」について、帯広市社会福祉協議会(社協)は3月末、新型コロナウイルスの影響による活動自粛の要請を解いた。今月活動を再開したサロンがある一方、...

十勝毎日新聞

サクラ 咲いた 森末整形外科【帯広】

 帯広市内の森末整形外科医院(西3南5、森末克彦理事長)敷地内のエゾヤマザクラが早くも開花した。薄ピンク色の花が十数輪ほど色づき、患者や職員らの心を和ませている。  このサクラは樹齢約50年。...

CATEGORY記事カテゴリー

MEDIA参加新聞社

ARCHIVE月別記事リスト

RANKINGアクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス