北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

苫小牧民報

多胎児の保護者支援 市のサポート事業スタート、育児や家事が1回500円

苫小牧市は今月、双子や三つ子などの多胎児を持つ保護者を支援する「多胎産後サポート事業」をスタートさせた。1日以降に多胎児を出産し、支援を希望する市民に利用証を交付。市が委託する児童福祉事業所の支援員が保護者の希望日時に自宅を訪問し、育児や家事の支援などを行う。

多胎児妊産婦の支援事業所向けに開かれた研修会=3月22日、苫小牧市役所第二庁舎

 1人を出産、養育する場合に比べて産後の孤立感や負担感が大きく、外出困難などの問題も抱えやすい多胎児出産。市健康支援課によると、市内では2014年から20年までに毎年6~20組、年平均13組の多胎児が誕生している。

 厚生労働省が20年度に多胎家庭への支援を開始する中、市も児童福祉事業所などとの連携を強化する。

 多胎産後サポート事業は、市の産後ケア事業の一環。支援内容は▽粉ミルクの調合をはじめとする授乳手伝い、哺乳瓶の洗浄、離乳食の介助など食事支援▽おむつ交換、着替えの手伝いなど入浴介助▽簡単な調理や配膳(はいぜん)、片付けなどの食事支援▽衣類の洗濯や簡単な清掃、布団干し、ごみ出しなどの家事支援▽買い物や通院の補助といった付き添い支援など多岐にわたる。

 サポートは1回当たり最大2時間で、利用料は500円。1家庭最大20回まで利用できる。期限は産後1年間。

 市の21年度予算82万3000円のうち、国が半額を補助する。

 先月下旬には、市役所第二庁舎で事業所向け研修会を開き、同課の保健師らが、事業内容を説明した。

 4月からは助産師が産後の体調変化や育児不安などの相談を有償で受ける産後ケア事業の利用対象も、産後4カ月未満から同7カ月未満に拡大している。

関連記事

十勝毎日新聞

「再開」「休止」割れる 地域交流サロン 自粛要請解除【帯広】

 帯広市内で市民が運営する高齢者の居場所「地域交流サロン」について、帯広市社会福祉協議会(社協)は3月末、新型コロナウイルスの影響による活動自粛の要請を解いた。今月活動を再開したサロンがある一方、...

十勝毎日新聞

サクラ 咲いた 森末整形外科【帯広】

 帯広市内の森末整形外科医院(西3南5、森末克彦理事長)敷地内のエゾヤマザクラが早くも開花した。薄ピンク色の花が十数輪ほど色づき、患者や職員らの心を和ませている。  このサクラは樹齢約50年。...

十勝毎日新聞

片付けのきっかけに 24日「もったいない市」開催【士幌】

 整理収納アドバイザーの資格を持つ、町内の柴田円里さん(40)と加納美恵さん(47)が24日午前10時から正午まで、カフェ「みんなのもりのくまさん」(町士幌仲通27)で「クリーニングデイ士幌 も...

函館新聞

函館駅前の花壇整備完了 今年も花いっぱいに【函館】

 春から秋にかけてJR函館駅前を彩る花壇の造成作業が16日で完了した。春花壇は5月上旬にはチューリップがピークを迎え、徐々にパンジーがボリュームを増し、一帯を花の香りで包み込む。近場で気軽に楽し...

函館新聞

ひきこもり支援の一助に セラピア農園開園【函館】

 NPO法人「セラピア」(函館市桔梗町、平田聡理事長)は今年度から、農業を障害者の就労や生きがいづくりにつなげる「農福連携」を本格的に始め、このほど、同市石川町に「セラピア自然農園」を開園した。...

CATEGORY記事カテゴリー

MEDIA参加新聞社

ARCHIVE月別記事リスト

RANKINGアクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス