北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

十勝毎日新聞

異色の居酒屋スイーツ「タルトタタン」復活 北の栖【帯広】

 たかはしていの居酒屋北の栖(帯広市西2南10)は、居酒屋としては異色のスイーツ「タルトタタン」をテークアウト限定で提供している。同商品は、代表の高橋禎さん(68)が30年ほど前に旧店で販売していた商品。新型コロナウイルスで宴会需要が減る中、人気商品の復活で活路を見いだしたいとしている。

約30年ぶりに復活したタルトタタンと店長の高橋洋介さん

 型に敷き詰めたリンゴの上にタルト生地をかぶせて焼き上げたフランス菓子。生地から手作りし、色が付くまで煮込んだリンゴを甘さ控えめに仕上げている。

 東京での修業時代に作り方を教わり、かつて経営していた帯広市内のビストロ(西洋風居酒屋)で提供していた。高橋さんはその後、別のレストランの料理長を経て、2001年に現店を開業。タルトタタンは「裏メニュー」でも提供せず、高橋さんの頭の中に封印していた。

 転機は新型コロナの感染拡大。多くの店がテークアウトを始め、高橋さんの店でも取り組むことに。スペアリブやアイスバイン(ドイツの豚肉料理)といった特徴的なメニューを販売したが思うように注文が伸びず、長く眠らせていたタルトタタンを復活させることを思いついた。

 商品は4分の1カット(1200円)とホール(4320円)の2種類。事前予約制で、いつでも楽しめるよう冷凍して引き渡す。1月の復活後、2カ月でホール30台以上が売れており、反応は上々だ。高橋さんの息子で店長の洋介さん(39)は「当時(タルトタタンが)好きだったお客さんから連絡があった。父の味を求めて本州まで探しに行ったらしい」と驚く。

 高橋さんは「宴会が戻らないと店は厳しいが、常連客が来たいと思った時に開けていなければ意味もない。テークアウトも含めて何とか店を続けたい」と話している。同店(0155・23・2222)は午後5時~同11時。日曜定休。

関連記事

十勝毎日新聞

「再開」「休止」割れる 地域交流サロン 自粛要請解除【帯広】

 帯広市内で市民が運営する高齢者の居場所「地域交流サロン」について、帯広市社会福祉協議会(社協)は3月末、新型コロナウイルスの影響による活動自粛の要請を解いた。今月活動を再開したサロンがある一方、...

十勝毎日新聞

サクラ 咲いた 森末整形外科【帯広】

 帯広市内の森末整形外科医院(西3南5、森末克彦理事長)敷地内のエゾヤマザクラが早くも開花した。薄ピンク色の花が十数輪ほど色づき、患者や職員らの心を和ませている。  このサクラは樹齢約50年。...

十勝毎日新聞

片付けのきっかけに 24日「もったいない市」開催【士幌】

 整理収納アドバイザーの資格を持つ、町内の柴田円里さん(40)と加納美恵さん(47)が24日午前10時から正午まで、カフェ「みんなのもりのくまさん」(町士幌仲通27)で「クリーニングデイ士幌 も...

函館新聞

函館駅前の花壇整備完了 今年も花いっぱいに【函館】

 春から秋にかけてJR函館駅前を彩る花壇の造成作業が16日で完了した。春花壇は5月上旬にはチューリップがピークを迎え、徐々にパンジーがボリュームを増し、一帯を花の香りで包み込む。近場で気軽に楽し...

函館新聞

ひきこもり支援の一助に セラピア農園開園【函館】

 NPO法人「セラピア」(函館市桔梗町、平田聡理事長)は今年度から、農業を障害者の就労や生きがいづくりにつなげる「農福連携」を本格的に始め、このほど、同市石川町に「セラピア自然農園」を開園した。...

CATEGORY記事カテゴリー

MEDIA参加新聞社

ARCHIVE月別記事リスト

RANKINGアクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス