北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

苫小牧民報

厚真は火打ち石発火方式で 東京パラ聖火リレー採火 1000年前の道内最古の技法

東京パラリンピックに採火について、道内は8月12日から24市町村で採火し、16日に道庁赤れんが庁舎前庭で一つに集火し、東京へ向け出立する。東胆振は1市4町すべてで採火を予定しており、厚真町では14日に軽舞遺跡調査整理事務所(旧軽舞小学校)で式典が行われる。町は遺跡発掘調査で明らかになった「火打ち石発火技法」と呼ばれる約1000年前の道内最古の技法でランタンに採火する内容を計画中。関係者は先人の技術を使って「厚真らしさをアピールしたい」と考えている。

デモンストレーションで火打ち石発火技法を披露する乾学芸員

 町教育委員会によると、火打ち石は厚幌ダムの建設に伴い、2004年の上幌内モイ遺跡の発掘調査で見つかった。調べで擦文時代のものだったことが分かっており、「火打ち石はもともと本州から伝わった発火技術。人の行き来や交流を示す貴重な資料だ」として、同事務所で大切に保管してきた。

 当日は地元で見つかっているメノウやチャートと呼ばれる種類の石を使って火をおこし、ランタンに納める計画。町の歩みをたどることができる資料などを展示する同事務所の見学も検討している。乾哲也学芸員は「貴重な出土品を紹介しながら、歴史についても知ったもらえたら」と話す。

関連記事

苫小牧民報

むかわ町の地域おこし協力隊 新たに3人就任 穂別地区拠点に活動

むかわ町の地域おこし協力隊として、ブラジル出身の村井エリカさん(46)、札幌市出身の佐藤雅仁さん(34)、兵庫県三田市出身の藤川幸士さん(33)の3人が就任した。穂別地区を拠点に町内で活動する。1...

苫小牧民報

カササギの営巣調査始まる 美術博物館、数や状況 把握 市民型は初めて

苫小牧市美術博物館は18日から、市内で目撃例が相次いでいるカササギの営巣調査に本格的に乗り出した。館のボランティア組織「博物館友の会」有志ら20人が5月31日までの期間、手分けして市街地全域の営巣...

苫小牧民報

市美術博物館 「コイノボリ大火と苫小牧消防史」 29日から企画展の準備進む

1921(大正10)年の大火から100年を迎える今年、苫小牧市美術博物館は29日に開幕する企画展「コイノボリ大火と苫小牧消防史」の準備を本格化させている。市消防本部に保管されていた腕用(わんよう)...

十勝毎日新聞

「再開」「休止」割れる 地域交流サロン 自粛要請解除【帯広】

 帯広市内で市民が運営する高齢者の居場所「地域交流サロン」について、帯広市社会福祉協議会(社協)は3月末、新型コロナウイルスの影響による活動自粛の要請を解いた。今月活動を再開したサロンがある一方、...

十勝毎日新聞

サクラ 咲いた 森末整形外科【帯広】

 帯広市内の森末整形外科医院(西3南5、森末克彦理事長)敷地内のエゾヤマザクラが早くも開花した。薄ピンク色の花が十数輪ほど色づき、患者や職員らの心を和ませている。  このサクラは樹齢約50年。...

CATEGORY記事カテゴリー

MEDIA参加新聞社

ARCHIVE月別記事リスト

RANKINGアクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス