北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

函館新聞

函館競輪場、一部改装で利便性アップ【函館】

競輪場の3階に新設されたラウンジスペース

 函館市は7日、場内の一部をリニューアルした函館競輪場(金堀町)の内部を公開した。新たにラウンジやフードコートスペースを設けたほか、元競輪選手によるレースガイドコーナーを設置するなど、来場者の利便性を高める工夫をこらしたアイデアが随所に施されている。

 今年度から同場を運営する、富士通グループで公営競技サービス提供の「トータリゼータエンジニアリング」(東京)が改修を手掛けた。同社は、神奈川県の川崎市と小田原市でも競輪場を運営し、そのノウハウを函館競輪場にも取り入れた。

 主な改修内容は、2階にあったキッズスペースを1階に移設。2階には1階の食堂のメニューをデリバリーできるフードコートを設けた。また、3階には多目的に利用できるラウンジスペースを新設。大型モニターも設置され、開催日以外の一般へのレンタルも検討している。

 このほか2階には昨年度まで現役選手だった藤田篤さん(53)と川口輝明さん(55)がレースや選手についてのアドバイスを行う「テルと番長のガイダンスコーナー」を設ける。2人は「選手の裏話なども交えながら、皆さんに競輪の楽しさを伝えていきたい」と話している。さらに本場開催日には場内のテレシアターからネット配信も予定する。

 車券購入は、昨年度までの同場専用電子マネー(eスマート)を使うシステムから現金での販売に切り替える。トータリゼータエンジニアリングの荒山盛さんは「現金利用を望む声の多い競輪ファンのニーズに対応した。将来的にはキャッシュレスで購入できる方式も取り入れていきたい」と話す。また、最高3場までだった場外発売を4場に増やし、AI(人工知能)による予想情報を提供するモニターも導入。荒山さんは「コロナ禍で大々的な集客イベントの開催は難しいが、市民が気軽に競輪場に足を運んでもらえるように、これからも工夫をしていきたい」と話している。

 今年度は8日から場外発売を開始。15日に函館ナイター(F1)で本場が開幕する。

関連記事

苫小牧民報

むかわ町の地域おこし協力隊 新たに3人就任 穂別地区拠点に活動

むかわ町の地域おこし協力隊として、ブラジル出身の村井エリカさん(46)、札幌市出身の佐藤雅仁さん(34)、兵庫県三田市出身の藤川幸士さん(33)の3人が就任した。穂別地区を拠点に町内で活動する。1...

苫小牧民報

カササギの営巣調査始まる 美術博物館、数や状況 把握 市民型は初めて

苫小牧市美術博物館は18日から、市内で目撃例が相次いでいるカササギの営巣調査に本格的に乗り出した。館のボランティア組織「博物館友の会」有志ら20人が5月31日までの期間、手分けして市街地全域の営巣...

苫小牧民報

市美術博物館 「コイノボリ大火と苫小牧消防史」 29日から企画展の準備進む

1921(大正10)年の大火から100年を迎える今年、苫小牧市美術博物館は29日に開幕する企画展「コイノボリ大火と苫小牧消防史」の準備を本格化させている。市消防本部に保管されていた腕用(わんよう)...

十勝毎日新聞

「再開」「休止」割れる 地域交流サロン 自粛要請解除【帯広】

 帯広市内で市民が運営する高齢者の居場所「地域交流サロン」について、帯広市社会福祉協議会(社協)は3月末、新型コロナウイルスの影響による活動自粛の要請を解いた。今月活動を再開したサロンがある一方、...

十勝毎日新聞

サクラ 咲いた 森末整形外科【帯広】

 帯広市内の森末整形外科医院(西3南5、森末克彦理事長)敷地内のエゾヤマザクラが早くも開花した。薄ピンク色の花が十数輪ほど色づき、患者や職員らの心を和ませている。  このサクラは樹齢約50年。...

CATEGORY記事カテゴリー

MEDIA参加新聞社

ARCHIVE月別記事リスト

RANKINGアクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス