北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

苫小牧民報

プロ転向・冨川蒼太(苫小牧西高卒) 米国で本格始動―トリック映像制作

日本スケートボード協会公認プロスケーターの冨川蒼太(HOTBOWL)=苫小牧西高卒=は17日に本場・米国に渡り、プロとして本格始動する。オレゴン州ポートランドなどを拠点に約3カ月間、自身のトリック(技)を収める映像の制作活動に取り組む。米国内の有名ブランドにアピールし、スポンサー獲得につなげる考えだ。

渡米してフルパートの撮影に臨む冨川

 冨川は今年3月に苫小牧西高を卒業し、今春からプロスケーターとして本格的に活動を開始する。2018年のアドバンスカップ(日本スケートボード協会主催)で準優勝し、同協会公認のプロ資格を獲得。19年11月に米国フロリダ州タンパで開かれた世界規模のコンテストで5位入賞を果たすなど、競技者としての実力も折り紙付きだ。

 才能を認められ、冨川は「アディダス」を中心に海外のスポーツブランドなどとスポンサーシップ契約を結んでいる。さらに著名なブランドとの契約を勝ち取るため、米国では複数のトリックの映像を音楽と組み合わせて編集する「フルパート」と呼ばれる映像作品の撮影を行う。

 フルパートを意中のブランドに送り、腕前を評価してもらうのが契約に向けた重要なプロセス。米国の大手スケートボードブランド「クリーチャー」と契約し、スケートボード用品に冨川の名前を冠した「シグネチャーモデル」をリリースすることが最大の目標だ。冨川は「シグネチャーモデルを出すために、自分の名前をもっと売っていきたい」と意気込んでいる。

 16年以降、毎年夏に渡米してきたが、今回は長期間の滞在となる。帰国までにスケートボードパークを転々としながら約2~3分の動画を完成させる予定といい、現地での人脈づくりにも励むつもり。地元スケーターとのコラボも熱望する。「スケボーしかない充実した3カ月を過ごしたい」と力強く語った。

関連記事

十勝毎日新聞

「再開」「休止」割れる 地域交流サロン 自粛要請解除【帯広】

 帯広市内で市民が運営する高齢者の居場所「地域交流サロン」について、帯広市社会福祉協議会(社協)は3月末、新型コロナウイルスの影響による活動自粛の要請を解いた。今月活動を再開したサロンがある一方、...

十勝毎日新聞

サクラ 咲いた 森末整形外科【帯広】

 帯広市内の森末整形外科医院(西3南5、森末克彦理事長)敷地内のエゾヤマザクラが早くも開花した。薄ピンク色の花が十数輪ほど色づき、患者や職員らの心を和ませている。  このサクラは樹齢約50年。...

十勝毎日新聞

片付けのきっかけに 24日「もったいない市」開催【士幌】

 整理収納アドバイザーの資格を持つ、町内の柴田円里さん(40)と加納美恵さん(47)が24日午前10時から正午まで、カフェ「みんなのもりのくまさん」(町士幌仲通27)で「クリーニングデイ士幌 も...

函館新聞

函館駅前の花壇整備完了 今年も花いっぱいに【函館】

 春から秋にかけてJR函館駅前を彩る花壇の造成作業が16日で完了した。春花壇は5月上旬にはチューリップがピークを迎え、徐々にパンジーがボリュームを増し、一帯を花の香りで包み込む。近場で気軽に楽し...

函館新聞

ひきこもり支援の一助に セラピア農園開園【函館】

 NPO法人「セラピア」(函館市桔梗町、平田聡理事長)は今年度から、農業を障害者の就労や生きがいづくりにつなげる「農福連携」を本格的に始め、このほど、同市石川町に「セラピア自然農園」を開園した。...

CATEGORY記事カテゴリー

MEDIA参加新聞社

ARCHIVE月別記事リスト

RANKINGアクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス