北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

十勝毎日新聞

23年度までに射場整備 年内5億円調達目指す スペースコタン【札幌】

記者会見に同席した(左から)山崎氏、唐渡氏、増田氏、酒森氏、小田切氏、安彦氏、伊藤氏

 大樹町とロケット発射場の運営会社「SPACE COTAN(スペースコタン)」は21日、札幌市内で記者会見を開き、アジア初の民間宇宙港「北海道スペースポート(HOSPO)」プロジェクトの本格始動を宣言した。大樹町多目的航空公園での小型ロケットの打ち上げなどを拡充、今年度から宇宙港整備に向けた資金調達を本格化させる。2023年度までに射場と、スペースプレーンの離着陸試験用滑走路を完成させることを目指す。

 アジアで現在、民間の小型ロケットを打ち上げているのは大樹のみ。垂直型と水平型の双方に対応した打ち上げ環境を目指す宇宙港も存在しない。

 酒森正人町長は「宇宙版シリコンバレーは衛星データの活用による農林水産業のスマート化、国内外の観光客の増加といった経済波及効果をもたらし、道内に幅広い恩恵をもたらす。オール北海道で応援してほしい」と述べた。

 20日に設立したスペースコタンの小田切義憲社長は「会社名の『コタン』はアイヌ語で集落の意味。航空宇宙産業を集積させ、十勝から北海道を活性化させる」と意気込みを語った。

 会見には、鈴木直道知事も「道として企業誘致や情報発信など協力を惜しまず、道内航空宇宙産業の発展に取り組む」とのコメントを寄せた。

 HOSPOは23年度までに人工衛星用ロケットの射場整備と、既存滑走路の延伸を図る方針。10億円の費用が必要で、5億円は今年末までに「ふるさと納税」や通常の寄付も含めて集めるとしている。将来的には有人スペースプレーン用の長距離滑走路の新設も目指す。

 日本政策投資銀行は、宇宙港整備に伴う道内経済への波及効果は年間267億円と試算している。

 記者会見には、鈴木直道知事代理で道経済部の安彦史朗課長、道経連の増田正二副会長、エア・ウォーターの唐渡(からと)有副社長、宇宙飛行士の山崎直子氏、北海道スペースポート研究会の伊藤献一事務局長も同席。北海道宇宙科学技術創成センター(HASTIC)の上杉邦憲理事長がオンライン参加した。

関連記事

室蘭民報

「カンちゃん」3代目に、オープン初日にお披露目 環境科学館名物ウェルカムロ..

 25日にオープンを迎えるDENZAI環境科学館の名物ウェルカムロボット「カンちゃん」が生まれ変わる。同館を運営するNPO法人科学とものづくり教育研究会かもけんのスタッフが3代目となる「カンちゃ...

室蘭民報

便利で簡単、バスの乗り方 白鳥台の住民に教室【室蘭】

 道南バス(室蘭市東町、長谷川義郎代表取締役社長)と私鉄総連道南バス支部(工藤幹彦執行委員長)は11月30日、室蘭市白鳥台の白鳥台ショッピングセンターハックの駐車場で「バスの乗り方教室」を開いた...

苫小牧民報

タンチョウ見守り10年 今年はひな2羽成長 ネイチャー研究会 むかわ

野鳥観察や自然保護を行うむかわ町の団体「ネイチャー研究会inむかわ」が、2011年から町内でタンチョウを見守り続けて10年を経過した。今年は初めてひなが2羽育ち、町内にタンチョウが飛来してから成長...

苫小牧民報

RFLとまこまい実行委事務局長の下村達也さん 「希望のヒーロー」米国の対..

がん撲滅を目指すチャリティーイベント、リレー・フォー・ライフ(RFL)のとまこまい実行委員会事務局長下村達也さん(68)=苫小牧市北光町=が、米国の対がん協会(ACS)から今年のがん経験者や支援者...

十勝毎日新聞

屋久島ガイド 先駆は十勝人 音更出身・小原さん【十勝】

 豊かな原生自然が広がり世界自然遺産に登録される鹿児島県の屋久島で、十勝出身の小原比呂志さん(59)がガイドとして活躍している。屋久島ガイドの草分け的存在で、35年前から縄文杉(樹齢数千年)の案内...

CATEGORY記事カテゴリー

MEDIA参加新聞社

ARCHIVE月別記事リスト

RANKINGアクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス