北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

苫小牧民報

IH・レッドイーグルス北海道 ユニホーム発表―菅原監督らスタッフ3人が続投

アイスホッケーアジアリーグのレッドイーグルス北海道(前王子イーグルス)は10日、白鳥王子アイスアリーナ内=苫小牧市=でユニホーム発表会見を開いた。前チーム同様ホームは赤、アウェーは白をそれぞれ基調とする一方、デザインや配色をがらりと刷新した。併せて菅原宣宏監督(46)、荻野順二(42)、小川勝也(35)両コーチの続投も発表され、新チームは6月1日から始動する予定だ。

ユニホーム発表会見でホーム用を身にまとう相木(左)とアウェー用を着たハリデー(右)=10日、白鳥王子アイスアリーナ資料展示室

 ユニホームは運営会社の出資元である王子ホールディングス(東京)内で作られた数種類の候補の中から選定。ホーム用は、ワシの足先をモチーフに勝利を「わしづかみする」意志を込めた「スピリットマーク」を中央に配する。アウェー用には今年4月に発表したレッドの「R」、イーグルスの「E」を組み合わせたシンボルマークを据えた。

 ユニホーム下部や袖にある直線の折れ曲がる箇所は、氷の氷結をイメージさせる六角形の内角120度に設定するなど、細かい工夫も凝らす。

 ホーム用を身にまとって会見に登場した苫小牧市出身のFW相木隼斗(22)は「すごくかっこいい」と相好を崩しながら、「ファンの心をわしづかみにしたい」と胸を弾ませた。

 アウェー用を着用したDFハリデー慈英(24)は「シンプルでとても親しみやすいと思う。新しい競技ファン獲得のためにも、現代風のデザインはなじみやすい」と話した。

 チームは来月始動予定。王子イーグルスとして2020~21シーズンを戦った社員選手や契約選手のほとんどが新チームに合流する見立てで、菅原監督は「選手、スタッフ全員で地域の皆さん、日本のアイスホッケー界に喜んでもらえるようなチームにしたい」と意気込んだ。

 運営会社の竹俣一芳社長(61)は「苫小牧は日本で一番アイスホッケーが盛んな街だと思っている。しっかり根を下ろして、地域の活性化に貢献していきたい」と語った。

関連記事

室蘭民報

「カンちゃん」3代目に、オープン初日にお披露目 環境科学館名物ウェルカムロ..

 25日にオープンを迎えるDENZAI環境科学館の名物ウェルカムロボット「カンちゃん」が生まれ変わる。同館を運営するNPO法人科学とものづくり教育研究会かもけんのスタッフが3代目となる「カンちゃ...

室蘭民報

便利で簡単、バスの乗り方 白鳥台の住民に教室【室蘭】

 道南バス(室蘭市東町、長谷川義郎代表取締役社長)と私鉄総連道南バス支部(工藤幹彦執行委員長)は11月30日、室蘭市白鳥台の白鳥台ショッピングセンターハックの駐車場で「バスの乗り方教室」を開いた...

苫小牧民報

タンチョウ見守り10年 今年はひな2羽成長 ネイチャー研究会 むかわ

野鳥観察や自然保護を行うむかわ町の団体「ネイチャー研究会inむかわ」が、2011年から町内でタンチョウを見守り続けて10年を経過した。今年は初めてひなが2羽育ち、町内にタンチョウが飛来してから成長...

苫小牧民報

RFLとまこまい実行委事務局長の下村達也さん 「希望のヒーロー」米国の対..

がん撲滅を目指すチャリティーイベント、リレー・フォー・ライフ(RFL)のとまこまい実行委員会事務局長下村達也さん(68)=苫小牧市北光町=が、米国の対がん協会(ACS)から今年のがん経験者や支援者...

十勝毎日新聞

屋久島ガイド 先駆は十勝人 音更出身・小原さん【十勝】

 豊かな原生自然が広がり世界自然遺産に登録される鹿児島県の屋久島で、十勝出身の小原比呂志さん(59)がガイドとして活躍している。屋久島ガイドの草分け的存在で、35年前から縄文杉(樹齢数千年)の案内...

CATEGORY記事カテゴリー

MEDIA参加新聞社

ARCHIVE月別記事リスト

RANKINGアクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス