北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

名寄新聞

ひまわり畑ポーク使用のジンギスカンが好評【名寄】

今月から販売されている「ひまわり畑ポークジンギスカン」

 株式会社いろは肉店(吉田次男社長)では、市内智恵文の有限会社北名ファーム(菊地英寿代表取締役)の「ひまわり畑ポーク」を使った「ひまわり畑ポークジンギスカン」を考案。今月から店頭で取り扱っていて、好評を得ている。

 北名ファームの「ひまわり畑ポーク」は、名寄夏の観光の代名詞ともなっているひまわりの中でも、高オレイン酸ひまわりの搾りかすをえさに育った。

 菊地代表取締役から「ひまわり畑ポークを使ったジンギスカンができないか」との依頼を受けたとのことで、ひまわり畑ポークのモモ肉を、同肉店秘伝のごまダレに漬け込むなどして製作。

 8月20日になよろ健康の森で開かれた「なよろ産業まつり」で販売したところ、好評を得ることができた。

 同肉店の吉田直純取締役専務は「このジンギスカンはブタの風味もしっかりしていて、柔らかいのが特徴。自家製ダレとの相性も良い。一枚一枚を薄めに切っているので、煮込みジンギスカンとしても味わってもらえる」と説明する。

 同肉店ではこれまでにも、鈴木ビビットファーム(市内日進)のSPF豚肉を100%使用したオリジナル商品「名寄の生ハム」を商品化するなど、地元食材を活用した商品開発に取り組んでいる。

 吉田取締役専務は「地元の食材を使った商品を積極的に開発し、地域を盛り上げていければ」と語っている。

 「ひまわり畑ポークジンギスカン」は、500グラム(肉300グラム、タレ200グラム)650円で販売している。

関連記事

十勝毎日新聞

今年も出来上々 ボージョレ解禁【帯広】

 フランス・ボージョレ地域の新酒ワイン「ボージョレ・ヌーボー」が15日午前0時に日本で解禁となり、十勝の酒店やスーパーにもさまざまな銘柄が並んだ。  ヌーボーは通常のワインと異なり、ブドウをつ...

十勝毎日新聞

農高発食品に機能性表示 認定なら道内学校初【帯広】

 帯広農業高校(二木浩志校長)の食品科学科地域資源活用班は、開発した豆乳ヨーグルト「豆(まめ)ぐると」を、健康志向の食品ブランドを示す「北海道食品機能性表示制度」(愛称・ヘルシーDo)に認定申請...

十勝毎日新聞

トウモロコシをあんまんに 道の駅で販売【士幌】

 士幌町の道の駅「ピア21しほろ」内でショップを運営するat LOCAL(堀田悠希社長)は8日から、地場産のトウモロコシを使った「とうきびまん」の販売を始めた。  士幌産のブランド牛「しほろ牛...

十勝毎日新聞

パン「満寿屋」題材 単行本27日発売【帯広】

 パン製造販売の満寿屋商店(帯広、杉山雅則社長)を題材としたノンフィクション本「世界に一軒だけのパン屋」(野地秩嘉著、小学館)が十勝で27日にも発売される(全国は26日)。同社では発売を記念し、...

苫小牧民報

白老の特産品味わって ギフトセット受け付け開始

 白老町竹浦のはまのマルシェでは、今年も白老の特産品を詰め合わせたギフトセット「しらおいの恵み」の注文受け付けを始めた。前浜産の毛ガニや白老牛のほか、今回新たに原木干しシイタケを取り入れるなどし...