北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

名寄新聞

ひまわり畑ポーク使用のジンギスカンが好評【名寄】

今月から販売されている「ひまわり畑ポークジンギスカン」

 株式会社いろは肉店(吉田次男社長)では、市内智恵文の有限会社北名ファーム(菊地英寿代表取締役)の「ひまわり畑ポーク」を使った「ひまわり畑ポークジンギスカン」を考案。今月から店頭で取り扱っていて、好評を得ている。

 北名ファームの「ひまわり畑ポーク」は、名寄夏の観光の代名詞ともなっているひまわりの中でも、高オレイン酸ひまわりの搾りかすをえさに育った。

 菊地代表取締役から「ひまわり畑ポークを使ったジンギスカンができないか」との依頼を受けたとのことで、ひまわり畑ポークのモモ肉を、同肉店秘伝のごまダレに漬け込むなどして製作。

 8月20日になよろ健康の森で開かれた「なよろ産業まつり」で販売したところ、好評を得ることができた。

 同肉店の吉田直純取締役専務は「このジンギスカンはブタの風味もしっかりしていて、柔らかいのが特徴。自家製ダレとの相性も良い。一枚一枚を薄めに切っているので、煮込みジンギスカンとしても味わってもらえる」と説明する。

 同肉店ではこれまでにも、鈴木ビビットファーム(市内日進)のSPF豚肉を100%使用したオリジナル商品「名寄の生ハム」を商品化するなど、地元食材を活用した商品開発に取り組んでいる。

 吉田取締役専務は「地元の食材を使った商品を積極的に開発し、地域を盛り上げていければ」と語っている。

 「ひまわり畑ポークジンギスカン」は、500グラム(肉300グラム、タレ200グラム)650円で販売している。

関連記事

室蘭民報

酒本商店で宮古の地酒2種を14日から販売【室蘭】

 室蘭市祝津町の酒本商店がきょう14日から、フェリーで来年結ばれる岩手県宮古市の地酒を販売する。1852年創業で宮古唯一の酒蔵・菱屋酒造店(斉藤鉄郎社長)の2種。酒本久也社長(61)自ら現地入...

室蘭民報

「閻魔やきそば」が北海道ご当地ラリーに参加【登別】

 登別閻魔(えんま)やきそばの会(名畑泰昌会長)は、11日から始まったご当地焼きそばを食べるイベント「焼きそば王国北海道!ご当地焼きそばラリー」に参加している。道内7エリアの一つとして、"おらが...

室蘭民報

サケの「山漬け」が完成、室蘭漁協事務所で販売【室蘭】

 室蘭で水揚げされたサケの「山漬け」が今年も完成した。12日には舟見町の作業場で仕分け作業が行われた。アイヌの保存食として知られる伝統の味。16日から室蘭漁協事務所で販売される。  八雲の落...

室蘭民報

室工大公認の「ジンギスカン鍋クッキー」2種類販売【室蘭】

 室蘭工業大学(空閑良壽(くがよしかず)学長)公認焼き菓子「ジンギスカン鍋クッキー」がきょう7日から正式販売される。同大で開発したジンギスカン鍋をモチーフにした。「鐵(てつ)の素クッキー」に続...

室蘭民報

地元名物をお歳暮に、ブランドの会が推奨品を販売【登別】

 登別ブランド推奨品を提供する事業者でつくる登別ブランドの会(平塚正雄会長)は、地元名物を詰め合わせたお歳暮ギフトの販売を開始した。従来は登別ブランド推奨品以外のお薦め商品も扱っていたが、今年はブ...