北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

名寄新聞

ひまわり畑ポーク使用のジンギスカンが好評【名寄】

今月から販売されている「ひまわり畑ポークジンギスカン」

 株式会社いろは肉店(吉田次男社長)では、市内智恵文の有限会社北名ファーム(菊地英寿代表取締役)の「ひまわり畑ポーク」を使った「ひまわり畑ポークジンギスカン」を考案。今月から店頭で取り扱っていて、好評を得ている。

 北名ファームの「ひまわり畑ポーク」は、名寄夏の観光の代名詞ともなっているひまわりの中でも、高オレイン酸ひまわりの搾りかすをえさに育った。

 菊地代表取締役から「ひまわり畑ポークを使ったジンギスカンができないか」との依頼を受けたとのことで、ひまわり畑ポークのモモ肉を、同肉店秘伝のごまダレに漬け込むなどして製作。

 8月20日になよろ健康の森で開かれた「なよろ産業まつり」で販売したところ、好評を得ることができた。

 同肉店の吉田直純取締役専務は「このジンギスカンはブタの風味もしっかりしていて、柔らかいのが特徴。自家製ダレとの相性も良い。一枚一枚を薄めに切っているので、煮込みジンギスカンとしても味わってもらえる」と説明する。

 同肉店ではこれまでにも、鈴木ビビットファーム(市内日進)のSPF豚肉を100%使用したオリジナル商品「名寄の生ハム」を商品化するなど、地元食材を活用した商品開発に取り組んでいる。

 吉田取締役専務は「地元の食材を使った商品を積極的に開発し、地域を盛り上げていければ」と語っている。

 「ひまわり畑ポークジンギスカン」は、500グラム(肉300グラム、タレ200グラム)650円で販売している。

関連記事

室蘭民報

室蘭産と宮古産使用の昆布塩飴を母恋めし本舗が販売【室蘭】

 室蘭市絵鞆町の母恋めし本舗(関根勝治代表)が、室蘭産ヤヤンコンブと岩手県宮古市産の塩を使った新商品「昆布塩飴385(みやこ)」を14日から販売した。宮蘭フェリー就航を記念して「両市の海からの...

十勝毎日新聞

池田産100%で白ワイン Far夢楽縁が製造【池田】

 農業生産法人「Far夢楽縁(ファームらくえん)」(林秀康社長)による町内産原料100%の「はじめての白ワイン」(750ミリリットル、アルコール度9%)が15日にできあがった。町内産原料100%の...

十勝毎日新聞

ホッキどうぞ 17日まで初フェア 飲食4店で【広尾】

 食で地域振興を図る「広尾おいしい町づくりの会」(土谷典男会長)は11日から、町内4飲食店で「広尾産北寄(ほっき)貝フェア」を開いている。17日まで。  同会ではこれまでもシシャモ、ハッカク...

室蘭民報

シャンシャン通り広場で3日に食文化イベント【室蘭】

 西胆振の生産者と消費者が交流し、地元の旬の食材と新たな食文化を発信する「西いぶりファーマーズマーケット」(同実行委員会主催)が6月3日午前10時から、室蘭市中島町のシャンシャン通りお元気広場...

室蘭民報

都内の焼き鳥店集結施設移転で室蘭「一平」の味を発信【室蘭】

 室蘭やきとりの有名店「やきとりの一平」(石塚千津代表取締役)など日本七大焼き鳥の人気店が集結した施設「全や連総本店東京」が来月3日、東京の有楽町に移転する。新たにオープンキッチン形式を採用し...