北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

苫小牧民報

CO2船舶輸送4者が受託 CCUS実証事業 24年度開始、年間1万㌧

日本CCS調査(本社東京、JCCS)は22日、国が苫小牧市で展開する二酸化炭素(CO2)を回収、有効利用、貯留する「CCUS」の拠点化に向けた実証事業を共同受託したと発表した。CCUS技術としては世界初の試みという液化CO2の長距離輸送実証などを大手4者で始めるもので、新たなビジネスモデルの構築が期待される。

 4者はJCCS、一般財団法人エンジニアリング協会(東京)、伊藤忠商事(東京)、日本製鉄(東京)。CCUS実用化に向けた大規模実証試験は、経済産業省が国立研究開発法人新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)に委託。NEDOが5月まで事業者を公募し、4者が共同で応募して採択された。事業年度は2021~26年度、予算は160億円。

 実証試験の目玉・液化CO2の船舶輸送は、京都府舞鶴市の石炭火力発電所で排出されるCO2を液化し、船舶で苫小牧に運んで受け入れる。受け入れ基地は苫小牧に新設。液化CO2を低温や低圧で安全に輸送、貯蔵するため研究する。輸送は24年度にも始まる見通しで、CO2は年間1万トン規模、船舶運航10回ほどを考えている。

 苫小牧でCO2を回収、地中にためるCCS事業を展開しているJCCSが中心を担う予定で、JCCSの中島俊朗社長は「わが国の産業構造の特性に見合った事業。30年のCCUS社会実装に大きく寄与できる。JCCSとして役割をしっかり果たしたい」とコメントを出した。

関連記事

室蘭民報

「カンちゃん」3代目に、オープン初日にお披露目 環境科学館名物ウェルカムロ..

 25日にオープンを迎えるDENZAI環境科学館の名物ウェルカムロボット「カンちゃん」が生まれ変わる。同館を運営するNPO法人科学とものづくり教育研究会かもけんのスタッフが3代目となる「カンちゃ...

室蘭民報

便利で簡単、バスの乗り方 白鳥台の住民に教室【室蘭】

 道南バス(室蘭市東町、長谷川義郎代表取締役社長)と私鉄総連道南バス支部(工藤幹彦執行委員長)は11月30日、室蘭市白鳥台の白鳥台ショッピングセンターハックの駐車場で「バスの乗り方教室」を開いた...

苫小牧民報

タンチョウ見守り10年 今年はひな2羽成長 ネイチャー研究会 むかわ

野鳥観察や自然保護を行うむかわ町の団体「ネイチャー研究会inむかわ」が、2011年から町内でタンチョウを見守り続けて10年を経過した。今年は初めてひなが2羽育ち、町内にタンチョウが飛来してから成長...

苫小牧民報

RFLとまこまい実行委事務局長の下村達也さん 「希望のヒーロー」米国の対..

がん撲滅を目指すチャリティーイベント、リレー・フォー・ライフ(RFL)のとまこまい実行委員会事務局長下村達也さん(68)=苫小牧市北光町=が、米国の対がん協会(ACS)から今年のがん経験者や支援者...

十勝毎日新聞

屋久島ガイド 先駆は十勝人 音更出身・小原さん【十勝】

 豊かな原生自然が広がり世界自然遺産に登録される鹿児島県の屋久島で、十勝出身の小原比呂志さん(59)がガイドとして活躍している。屋久島ガイドの草分け的存在で、35年前から縄文杉(樹齢数千年)の案内...

CATEGORY記事カテゴリー

MEDIA参加新聞社

ARCHIVE月別記事リスト

RANKINGアクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス