北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

函館新聞

カレーうどん召し上がれ 五島軒が新千歳空港に出店【函館】

カレーうどんをPRする若山専務

 函館の老舗レストラン「五島軒」(若山直社長)は7月8日、新千歳空港国内線ターミナルビル3階の市電通り食堂街に、カレーうどん店「五島軒新千歳空港店」を新規出店する。同社ゆかりの長崎県五島列島の特産「五島手延べうどん」と、140年以上にわたって提供する同社の看板メニュー「イギリス風カレー」を合わせた新メニューで、長崎と北海道の架け橋となる絶品カレーうどんが出来上がった。

 同社の初代料理長、五島英吉は五島列島の出身で、店に「五島」の名が冠されることになった人物。新千歳空港から2年前に出店の打診を受け、素早く食べられ、外国人客も意識したヌードル(麺)の提供を検討していた。

 五島から冷凍で直送する五島手延べうどんは、細いながらにもっちりとした独特のコシと喉ごしの良さが特徴で、島特産の食用ツバキ油を塗布している。

 カレーうどんの決め手となるだしには、函館産マコンブと五島の焼きあご(トビウオ)から取った特製スープを使用。具材は五島から取り寄せたあご天と、洋食店らしいローストビーフをのせた。

 メニューは、レギュラー品「伝統の牛スープ」と、女性向けの「トマト風鶏スープ」(共に1540円)、ハーフサイズの両丼が楽しめる「食べ比べセット」(1760円)がある。五島軒の定番カレーメニューも出す。

 店舗はカウンター、テーブル席合わせ50席を用意し、午前11時~午後8時(ラストオーダー同7時半)。本店以外の直営店は函館カレーエクスプレス五稜郭タワー店に次いで2店舗目で、若山豪専務は「北海道の玄関口で、函館や五島に行ってみたいという機運を高めたい」と話す。

 函館空港でも、7月の週末限定でカレーうどんの販売を計画している。

関連記事

室蘭民報

「カンちゃん」3代目に、オープン初日にお披露目 環境科学館名物ウェルカムロ..

 25日にオープンを迎えるDENZAI環境科学館の名物ウェルカムロボット「カンちゃん」が生まれ変わる。同館を運営するNPO法人科学とものづくり教育研究会かもけんのスタッフが3代目となる「カンちゃ...

室蘭民報

便利で簡単、バスの乗り方 白鳥台の住民に教室【室蘭】

 道南バス(室蘭市東町、長谷川義郎代表取締役社長)と私鉄総連道南バス支部(工藤幹彦執行委員長)は11月30日、室蘭市白鳥台の白鳥台ショッピングセンターハックの駐車場で「バスの乗り方教室」を開いた...

苫小牧民報

タンチョウ見守り10年 今年はひな2羽成長 ネイチャー研究会 むかわ

野鳥観察や自然保護を行うむかわ町の団体「ネイチャー研究会inむかわ」が、2011年から町内でタンチョウを見守り続けて10年を経過した。今年は初めてひなが2羽育ち、町内にタンチョウが飛来してから成長...

苫小牧民報

RFLとまこまい実行委事務局長の下村達也さん 「希望のヒーロー」米国の対..

がん撲滅を目指すチャリティーイベント、リレー・フォー・ライフ(RFL)のとまこまい実行委員会事務局長下村達也さん(68)=苫小牧市北光町=が、米国の対がん協会(ACS)から今年のがん経験者や支援者...

十勝毎日新聞

屋久島ガイド 先駆は十勝人 音更出身・小原さん【十勝】

 豊かな原生自然が広がり世界自然遺産に登録される鹿児島県の屋久島で、十勝出身の小原比呂志さん(59)がガイドとして活躍している。屋久島ガイドの草分け的存在で、35年前から縄文杉(樹齢数千年)の案内...

CATEGORY記事カテゴリー

MEDIA参加新聞社

ARCHIVE月別記事リスト

RANKINGアクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス