北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

十勝毎日新聞

町出身の福島、五輪へ必死に 24日開幕の日本選手権出場【幕別】

 日本の陸上競技女子短距離界を長年引っ張ってきた幕別町出身の福島千里(32)=セイコー-帯南商高出=が4大会連続の五輪出場を懸けて、24日に大阪市のヤンマースタジアム長居で開幕する、東京五輪出場選考会を兼ねた日本選手権に出場する。福島は100メートルのみにエントリー。24日に予選と準決勝、25日は決勝が実施される。近年は故障に苦しむ歴代屈指のスプリンター。27日に33回目の誕生日を迎えるベテランの走りに注目が集まる。

4大会連続の五輪出場を目指し、選考会の日本選手権に出場する福島千里(2020年、富士北麓ワールドトライアルで)

 福島は2008年の北京五輪を皮切りに、12年のロンドン、16年のリオデジャネイロに出場。100メートルが10年に11秒21、200メートルは16年に22秒88の日本記録を樹立。400メートルリレーも11年にメンバーとして43秒39の日本新記録マークに貢献した。いずれのタイムは現在も破られてはいない。11年の韓国で開かれた世界選手権は100メートルと200メートルの2種目とも予選を突破し準決勝へ。世界選手権ではそれぞれ日本人初の準決勝進出の快挙を果たした。

 16年以降は両アキレスけん痛などのけがに悩まされ、19年には通算8度の優勝を数える日本選手権を欠場。翌20年には11秒台で走れず、同選手権の参加標準記録を破れず出場できなかった。

 今季は復調の兆しはある。初戦となった3月の順天堂大競技会で11秒86。織田幹雄記念国際大会は欠場し、東日本実業団選手権は12秒33だったものの、今月上旬の布勢スプリントで日本選手権出場の最低ラインとなる申し込み資格記録(11秒84)をラストチャンスで突破した。予選11秒82(追い風2.0メートル)、2本目のB決勝で11秒78(同1.6メートル)と土壇場で踏ん張った。

 選考会の日本選手権の土俵に上がることはできたが東京五輪への道が厳しいのは確かだ。代表のためには同選手権で3位以内に入るとともに参加標準記録11秒15の突破も求められる。自身が持つ日本記録を上回るタイムだ。エントリー選手の中で今季の持ちタイムは27番目。400メートルリレーでも補欠を含める5人に選ばれるためには、11秒47の突破などが求められ簡単ではない。本人も覚悟の上だ。「日本選手権が(五輪代表の)最終選考会というのは、絶対に忘れちゃいけない」とこだわりを見せ、「厳しい状況なので必死に頑張ります」と意欲を見せる。

関連記事

室蘭民報

「カンちゃん」3代目に、オープン初日にお披露目 環境科学館名物ウェルカムロ..

 25日にオープンを迎えるDENZAI環境科学館の名物ウェルカムロボット「カンちゃん」が生まれ変わる。同館を運営するNPO法人科学とものづくり教育研究会かもけんのスタッフが3代目となる「カンちゃ...

室蘭民報

便利で簡単、バスの乗り方 白鳥台の住民に教室【室蘭】

 道南バス(室蘭市東町、長谷川義郎代表取締役社長)と私鉄総連道南バス支部(工藤幹彦執行委員長)は11月30日、室蘭市白鳥台の白鳥台ショッピングセンターハックの駐車場で「バスの乗り方教室」を開いた...

苫小牧民報

タンチョウ見守り10年 今年はひな2羽成長 ネイチャー研究会 むかわ

野鳥観察や自然保護を行うむかわ町の団体「ネイチャー研究会inむかわ」が、2011年から町内でタンチョウを見守り続けて10年を経過した。今年は初めてひなが2羽育ち、町内にタンチョウが飛来してから成長...

苫小牧民報

RFLとまこまい実行委事務局長の下村達也さん 「希望のヒーロー」米国の対..

がん撲滅を目指すチャリティーイベント、リレー・フォー・ライフ(RFL)のとまこまい実行委員会事務局長下村達也さん(68)=苫小牧市北光町=が、米国の対がん協会(ACS)から今年のがん経験者や支援者...

十勝毎日新聞

屋久島ガイド 先駆は十勝人 音更出身・小原さん【十勝】

 豊かな原生自然が広がり世界自然遺産に登録される鹿児島県の屋久島で、十勝出身の小原比呂志さん(59)がガイドとして活躍している。屋久島ガイドの草分け的存在で、35年前から縄文杉(樹齢数千年)の案内...

CATEGORY記事カテゴリー

MEDIA参加新聞社

ARCHIVE月別記事リスト

RANKINGアクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス