北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

苫小牧民報

苫小牧市、墓じまいに支援金

苫小牧市は遺骨を別の埋葬場所に移し、墓を撤去する「墓じまい」を経済的に支援する「市墓所返還支援事業」を今年度から期間限定で始めた。墓じまい費用を融資で工面した場合に、信用保証料と利子分を最大5万円まで負担する。申請期間は2022年12月31日まで。

苫小牧市内の霊園の墓所を対象に返還支援事業を開始=高丘霊園

 市内の高丘霊園か高丘第二霊園に所有する墓所の返還に際し、苫小牧信用金庫の専用ローン「お墓のローン想」で費用を工面した場合の信用保証料と利子分が補給される仕組み。申請者が墓所の使用権者で、苫小牧市民であることなどが要件。補給対象のローンの返済期間は5年以内とし、最長で27年12月31日までと想定している。

 補給対象となる経費は▽墓石の解体費や撤去費▽墓所の土の入れ替えや整地の費用▽市の共同墓への改葬に係る使用料と管理料―など。

 市環境生活課によると、市営霊園の墓所返還は17年度まで年間50~60件台で推移していたが、市の共同墓で納骨の受け入れを始めた18年度に105件に達し、19年度は142件、20年度は126件と100件超が続いている。

 担当者は「近年増えている墓じまいについてローンを活用し、ゆとりを持って進めてもらうための制度。関心があれば、問い合わせを」と話している。環境生活課 電話0144(32)6333。

関連記事

十勝毎日新聞

勝毎花火大会とばんえい最終レースがコラボ!?【帯広】

 13日のばんえい競馬最終レース(午後8時45分発走)と、勝毎花火大会のグランドフィナーレのタイミングが偶然にも一致し、帯広競馬場で見事な動画が撮影された。  撮影したのは、ティワイネットば...

十勝毎日新聞

夜空照らす巨大な炎 バルーン代替でバーナーグロー【上士幌】

 「第49回北海道バルーンフェスティバル」(同フェスティバル組織委員会主催)の主会場の上士幌町航空公園で13日夜、熱気球のバーナーを噴射する「バーナーグロー」が行われ、夜空を照らす巨大な炎に訪れ...

十勝毎日新聞

おびひろ平原まつり 15日盆おどり【帯広】

 おびひろ平原まつりは2日目の15日、午後3時から「平原・太鼓まつり」、同6時半から「おびひろ盆おどり」が開催される。  平原・太鼓まつりは道内各地から集まった13団体が迫力ある太鼓の音色を南8...

函館新聞

ブルーベリーふんだんに アイスとスムージー人気【函館】

 夏真っ盛りになり、ブルーベリーファーム・ホンダ(函館市陣川町、本田利春代表)が販売するブルーベリーを使ったデザートが人気を呼んでいる。アイスクリームとスムージーの2種類で、暑い夏に最適のスイー...

函館新聞

スケボー、クライミング楽しむ 函館市が施設整備に向けイベント【函館】

 函館市が主催するスケートボードとスポーツクライミングの体験会「アーバンスポーツイベント in ハコダテ」が13日、市内3会場で始まった。初日は子どもたちを中心に180人が参加。インストラクター...