北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

苫小牧民報

境内に「涙ぐむ眼」 マリーゴールド… 宮沢賢治設計の花壇 静光寺 むかわ

むかわ町松風の静光寺はこのほど、境内に詩人・宮沢賢治が設計した西洋花壇「涙ぐむ眼」を整備した。マリーゴールドやベゴニア、アリッサム、ゴールドクレストなど色鮮やかな花が大きな「瞳」を描いており、参拝に訪れる町民の心に癒やしを届けている。

「涙ぐむ眼」をイメージして静光寺の境内に整備した花壇

 花壇は幅4・2メートル、奥行き2・4メートルで今月中旬に完成。水谷寛斎住職(62)が仕事の合間を利用しながら、部屋の資料を整理していた際に見つけた設計図を基に2カ月ほどかけて約200株の花を植えた。花はホームセンターで調達し、砂利やブロックの一部は友人から譲ってもらったという。

 同寺は2018年9月の胆振東部地震で建物こそ崩れなかったが、基礎のずれや天井が抜け落ちるなどの被害を受けた。このほか本堂は仏具が散乱し、納骨堂は倒壊。建物内の完全復旧まで2年以上を要した。

 このため、手つかずだった境内の整備は今年の春から本格的に始め、花壇は「参拝に来た方が見てホッとするようなものをと思って造った」。他にも、あちこちに散乱した石やアスファルトの破片をかき集めて石文字やキャラクターを描くなど、趣向を凝らして参拝者の目を楽しませている。

 水谷住職は「何か一つのものを完成させると、『次は何をやろうか』と考え、手広くなってしまった」と苦笑いを浮かべながら、「地震で荒れた境内を知っている近所の方が『お寺がきれいになった』と言ってくれる。参拝に来る方の心を癒やす意味で、空いている時間を利用してさらに整備していきたい」と話す。

関連記事

室蘭民報

緑丘高生が学習成果披露 「縄文ガイド」「防災安否札」取り組み報告、市民ガ..

 伊達市教委主催の2021年度(令和3年度)だて市民カレッジが、市内松ヶ枝町のだて歴史の杜カルチャーセンターで開かれ、伊達緑丘高校の生徒が総合的な学習の時間で学んだ成果を披露した。  本年度4...

室蘭民報

洪水や土砂災害、噴火への備えを 長和地区で宇井北大名誉教授、防災講演【伊..

 伊達市長和地区防災講演会が15日夜、長和地区コミュニティーセンターで開かれ、市防災アドバイザーで北海道大学名誉教授の宇井忠英さん(NPO環境防災総合政策研究機構理事)が洪水や土砂災害、津波、噴...

苫小牧民報

世界最高齢のプログラマーら講師に 30日に「熱中スクール」 学び続ける大切..

白老青年会議所(JC、笠井雄太郎理事長)は、30日に「熱中白老JCスクール」と題した講座イベントを白老町総合保健福祉センターで開く。世界最高齢のプログラマーや冒険家らを講師に招き、年齢に関係なく挑...

苫小牧民報

アイヌ丸木舟2隻がウポポイへ 1~2月に弁天の海岸で発見、年代測定や樹木..

苫小牧市弁天の海岸で今年1~2月に見つかったアイヌの丸木舟「イタオマチプ」(板つづり舟)2隻が20日、保管されていた勇武津資料館(勇払)から白老町の民族共生象徴空間(ウポポイ)にある国立アイヌ民族...

十勝毎日新聞

静岡の野澤さん金賞 ばん馬キャラ弁コンテスト【帯広】

 NPO法人とかち馬文化を支える会(帯広)は、「ばん馬キャラ弁コンテスト」の選考結果を発表した。金賞には静岡市の野澤未来さん(33)が選ばれ、彩りや栄養バランスなどが総合的に評価された。  ...