北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

十勝毎日新聞

第一病院クラスター終息 英国変異株が猛威 感染91人【帯広】

クラスターを振り返り取材に答える山並院長

 新型コロナウイルスのクラスター(感染者集団)が発生した帯広第一病院の山並秀章院長は30日、十勝毎日新聞社などの取材に応じ、前日に終息した院内の集団感染を振り返った。感染者は91人(患者76人、職員15人)に上り、管内の医療機関で発生したクラスターでは最大。英国由来のアルファ株による変異株クラスターで、感染力の強さが院内での拡大につながったと話した。

 道は29日、クラスターに伴う濃厚接触者の健康観察期間を終え、認定から1カ月余りで一連の感染が終息したと判断した。

 山並院長は終息を一つの区切りとしながらも、患者に複数の死者が出たことを受け、「心からご冥福をお祈りしたい。院内で総括し、早い段階でご遺族にも説明の機会をつくりたい」と話した。

 同病院は5月24日に職員2人の感染が判明。感染拡大が分かり、道は27日にクラスター認定した。陽性者には5月中旬から発熱症状が出ていた患者もいて、早い段階で感染が広まったとみられる。既に退院した患者も検査した結果、8人が陽性と分かり、患者の感染は合計で76人となった。

 入院時の検査で新型コロナの陰性確認をした上で受け入れてきたが、山並院長は「どこからか入り込んだ可能性がある。(入院時の)最初の検査だけで安心していた部分があった。コロナが恐ろしいのは発症が分かったときは既に広がっていること」と語った。

 クラスターの経験を受けて、今後は発熱を確認した入院患者にはPCR検査を徹底し、早期発見を図る。入院時のPCR検査で陰性でも、CT検査で肺炎の兆候があれば一時隔離するなどの対応を検討する。

 21日から外来の予約診療を再開したが、新規の診療や2次救急の受け入れなど本格的な再開は7月12日を予定。山並院長は「今回の反省点を踏まえて、7月12日までに細かな運用や打てる対策を決めていきたい」としている。

「ワクチン効果あり」 接種者陽性率低く

 帯広第一病院では、新型コロナウイルスのワクチン接種を終えていた職員からも感染者が出た。ただ陽性率は未接種者よりも低く、同病院は「ワクチン効果があった」としている。

 同病院では400人余りいる職員のうち、持病を持つ職員などを除く9割が、医療従事者等の接種枠で3月末までにファイザー製のワクチンを打った。今回のクラスターで感染した職員15人のうち接種者は9人、未接種者は6人。患者で感染した76人に比べて少なかった結果に、同病院の山並秀章院長は「今までのクラスターでは職員と患者が同数程度だったが、職員の感染が抑えられたのはワクチン効果だと思う」と分析した。

 その後、職員の接種率は100%に近づいたが、より感染力の強い変異株の広がりを警戒。山並院長は「外来・病棟職員は口と目、鼻を守る予防策を強化する」と語った。

関連記事

室蘭民報

緑丘高生が学習成果披露 「縄文ガイド」「防災安否札」取り組み報告、市民ガ..

 伊達市教委主催の2021年度(令和3年度)だて市民カレッジが、市内松ヶ枝町のだて歴史の杜カルチャーセンターで開かれ、伊達緑丘高校の生徒が総合的な学習の時間で学んだ成果を披露した。  本年度4...

室蘭民報

洪水や土砂災害、噴火への備えを 長和地区で宇井北大名誉教授、防災講演【伊..

 伊達市長和地区防災講演会が15日夜、長和地区コミュニティーセンターで開かれ、市防災アドバイザーで北海道大学名誉教授の宇井忠英さん(NPO環境防災総合政策研究機構理事)が洪水や土砂災害、津波、噴...

苫小牧民報

世界最高齢のプログラマーら講師に 30日に「熱中スクール」 学び続ける大切..

白老青年会議所(JC、笠井雄太郎理事長)は、30日に「熱中白老JCスクール」と題した講座イベントを白老町総合保健福祉センターで開く。世界最高齢のプログラマーや冒険家らを講師に招き、年齢に関係なく挑...

苫小牧民報

アイヌ丸木舟2隻がウポポイへ 1~2月に弁天の海岸で発見、年代測定や樹木..

苫小牧市弁天の海岸で今年1~2月に見つかったアイヌの丸木舟「イタオマチプ」(板つづり舟)2隻が20日、保管されていた勇武津資料館(勇払)から白老町の民族共生象徴空間(ウポポイ)にある国立アイヌ民族...

十勝毎日新聞

静岡の野澤さん金賞 ばん馬キャラ弁コンテスト【帯広】

 NPO法人とかち馬文化を支える会(帯広)は、「ばん馬キャラ弁コンテスト」の選考結果を発表した。金賞には静岡市の野澤未来さん(33)が選ばれ、彩りや栄養バランスなどが総合的に評価された。  ...