北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

十勝毎日新聞

マルシェ今年も巡って食べて 9月から2カ月【十勝】

 食と音楽の祭典「とかちマルシェ」の実施概要が7日までに固まった。新型コロナウイルス感染防止の観点から、今年も従来型の集積実施ではなく、管内の飲食店などを巡ってもらい、十勝産食材を使った料理を食べてもらう方式とする。期間は9月1日から10月末。プレミアム付きチケットや、景品総額200万円分が抽選で当たるスタンプラリーなどを通じ、期間中の来店を促進する。

専用ホームページも開設し、「情報をどんどん更新していく」と話す藤澤課長

3週間長く

 帯広商工会議所や市などで構成する「とかちマルシェ運営協議会」(梶原雅仁会長)主催。今年11回目。

 今年は基本、昨年と同様の方式だが、期間を約3週間長くした。十勝管内の参加飲食店を巡り、地場産食材を使った料理を味わってもらう。来店促進策として、25%のプレミアム付きプラチナチケットを発行。1000円券5枚を1冊とし、4000円で販売する。5000冊限定。8月1日からウェブで3000冊分の予約を受け付ける。2000冊は8月23日から、先着で藤丸などで販売予定。

 スタンプラリーは昨年より景品総額を2倍とした。期間中、会計500円以上でスタンプ1個押印。7店回ると、商品券や地場の物産などが抽選で520本分当たる。

参加店を募集中

 1日から専用ホームページを開設し、参加店の受け付けを開始し、22日まで募集。事務局では昨年(94店)以上の応募を期待する。情報を都度更新していく。事務局を担当する帯商の藤澤任・商工観光課長は「今は『じゃらん』への掲載やラジオCMなど広告宣伝を強化。多くの人に十勝の食を味わってもらいたい」と話している。

 とかちマルシェは一昨年までJR帯広駅周辺を会場に出店方式で実施し、3日間で10万人超が訪れていた。ただ、昨年はコロナの影響で通常開催を見送った。今年は、屋外会場でテークアウト料理をドライブスルー方式で提供できないか模索したが、需要や感染状況などを踏まえ断念した。

関連記事

十勝毎日新聞

レンジで「レベチ」な一品に 町出身の大西さん3冊目の料理本【本別】

 本別町出身で「クッキングエンターテイナー」の肩書で活動する大西哲也さん(38)=東京=は28日、自身3冊目となる料理のレシピ本「COCOCORO大西哲也のレンチン レベチ飯」(扶桑社)を出版する...

十勝毎日新聞

清水高生のスイーツ全道2位 高校パティシエコンテスト【清水】

 セコマ(札幌)などが主催するスイーツコンテスト「ハイスクールパティシエロワイヤル2021」で、清水高校(吉村教賢校長、生徒262人)の中林寿泉奈(すみな)さん=3年=と堀田優菜さん=同=が出品し...

十勝毎日新聞

サケの押しずしで広尾高チーム初V マルシェ甲子園【十勝】

 全国の高校生が十勝産食材を使ったオリジナル料理を競う「とかちマルシェ料理甲子園」(とかちマルシェ運営協議会主催)が20日に行われ、「十勝NEWスタイル押し寿司」を出品した広尾高校の「BLACK!...

十勝毎日新聞

管内8店の“あんことミルク”食べて応援【十勝】

 十勝を代表する小豆や乳製品の消費喚起を目的に、管内8店舗のオリジナル商品を応援する「あずき食べてみるく?キャンペーン」が、30日まで行われている。同キャンペーン事務局は「小豆と乳製品の相性は抜群...

十勝毎日新聞

十勝産品3割引き 今年も応援企画 藤丸と振興局【十勝】

 新型コロナウイルスで苦しむ地域の食品関連業者を応援しようと、藤丸と十勝総合振興局は昨年に続き、「とかち元気プロジェクト」を企画した。期間内配送限定で、十勝産品のセット商品を定価の3割引きで購入...

CATEGORY記事カテゴリー

MEDIA参加新聞社

ARCHIVE月別記事リスト

RANKINGアクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス