北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

函館新聞

住みたい街で函館市2位、住みここちで七飯町21位 賃貸住宅大手が道内ランキング【函館】

 賃貸住宅大手の大東建託(東京)は14日、各地域の居住者満足度を調査した「いい部屋ネット 街の住みここち&住みたい街ランキング2021」を発表した。北海道版の住みたい街(自治体)ランキングでは1位の札幌市に次いで、函館市が2年連続の2位となった。一方、住みここちランキングでは、七飯町が道南圏最上位となったが、昨年の14位から21位に順位を下げ、北斗市は24位、函館市は27位だった。

 調査は2019年に始まり、インターネットを経由した設問回答形式で実施。住みここちランキングは19~21年の回答結果、住みたい街ランキングは今年の調査結果を集計し、今回から回答者の対象地域を札幌都市圏から全道に拡大した。

 函館市は住みたい街ランキングで2年連続2位、住みたい街(駅)ランキングでもJR函館駅が2位に入った。住みここちランキングを因子別で見ると「自然・観光」で3位にランクインしている。同社賃貸未来研究所の宗健所長は「観光地としての知名度の高さがダイレクトに影響した結果。居住者もそのブランドの高さを意識していることが函館の強み」とする。

 住みここちランキングでは、七飯町が昨年から順位は下げたものの21位で道南圏ではトップ。「函館の郊外にあるという立地からアクセスも良く、ベッドタウンとしての住みここちが評価されたのでは」(宗所長)と分析する。一方でランキング1~20位は道央、十勝圏が多くを占め、同所長は「順位は回答者の属性にも影響されるため要因の特定は難しいが、道内の地域間の格差が見受けられる」としている。

関連記事

十勝毎日新聞

「スロウ」直営店27日に開店 ソーゴー印刷【帯広】

 ソーゴー印刷(帯広市、高原淳社長)は27日、同社が発行する雑誌「ノーザンスタイルスタジオ・スロウ」で紹介してきた、管内外のこだわり商品などを集めた初の直営店「SLOW living(スロウリビン...

十勝毎日新聞

柳町学童に子ども食堂 町内4カ所目【音更】

 音更町内4カ所目の子ども食堂「おっちゃんこ」(和田賢代表)が15日、町内の柳町学童保育所(木野大通東16)を会場に初オープンした。  2月に開く予定だったが、コロナ禍の影響で3カ月遅れとな...

十勝毎日新聞

自分だけのサウナ空間楽しんで G&Sがハルビア貸し切り【帯広】

 世界最大のサウナメーカー「HARVIA(ハルビア)」の十勝地域特約店を運営するG&S(帯広市、齊隆生社長)は6月1日から、自社ショールーム(市内西5南13)の展示品を貸し切りで利用できる「プライ...

函館新聞

切手集め郵趣の普及発展に尽力 函館の渡利さん特別功労賞【函館】

 長年にわたり郵趣の普及発展に尽くしたとして、公益財団法人「日本郵趣協会」の函館支部長、渡利正義さん(81)が、同協会創立75周年特別功労賞を道内で唯一受賞した。4月下旬に東京で行われた表彰式で...

函館新聞

五稜郭祭り維新行列 3年ぶり歓声響く【函館】

 第53回箱館五稜郭祭(協賛会主催)は最終日の22日、函館市本町の行啓通でメインイベントの維新行列が行われた。新型コロナウイルス感染の影響で3年ぶりの実施。迫力満点のパフォーマンスに、沿道の観客...