北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

十勝毎日新聞

浦幌巡る教育旅行を 「樂舎」が大手旅行会社と協働で企画【浦幌】

 一般社団法人「十勝うらほろ樂舎」(近江正隆代表理事)が、大手旅行会社「東武トップツアーズ」(東京)と協働で、中学生・高校生向けの新たな教育旅行プログラムを始動させた。今年度は2校、来年度は現時点で3校を受け入れる予定で、探求型の体験学習を提供する。

川西室長(右)から樹木の説明を受ける生徒ら

 同法人はSDGs(持続可能な開発目標)をテーマに、昨年度から教育旅行プログラムの開発を進めてきた。今回、1校目として石狩管内新篠津中学校(吉本浩志校長、生徒73人)の3年生32人が14、15日に来町した。

 初日は浦幌の1次産業を巡るツアーとし、生徒たちが2台のバスに分乗して厚内漁港などを見て回った。

 森林公園では、十勝総合振興局森林室の川西博史室長の誘導で園内を散策。トドマツやイヌエンジュなど多種多様な樹木を観察した他、森の土の保水力を試す実験も間近で目にした。川西室長は「林業は森の多様性を維持しつつ、多様な森の恵みを持続的に活用し、未来につないでいく」と説明し、林業とSDGsの関連性を伝えた。

 散策を終えた男子生徒(15)は「浦幌は山や森に囲まれて緑色が多く、新篠津と違って景色が新鮮だった。ここで学んだことを新篠津に戻って何かに生かせれば」と話していた。

 2日目は生徒たちが漁業・林業・教育のチームに分かれ、各事業所を訪問。従事者から生の話を聞いたりして産業の魅力を知った。

 11月には東京都立本庄高校が来町する予定で、近江理事長は「ゆくゆくは教育旅行プログラムを農村ホームステイ事業と組み合わせたい。生徒たちが滞在期間中に探求授業と農業体験の両方をできる仕組みを築ければ」と見据えていた。

関連記事

苫小牧民報

29日開幕氷濤まつり 大小30基の氷像、準備は順調

冬の支笏湖畔を彩る「千歳・支笏湖氷濤まつり」(実行委員会主催)が29日、開幕する。今年は「氷の野外美術館」をコンセプトに、透明度の高い湖水で作った大小さまざまな氷像30基を設置。夕方からライトアッ...

苫小牧民報

カネカ 苫東に医療工場 グローバル展開の生産拠点に 7月着工、24年5月..

医療や食品などの総合化学業大手、カネカ(本社東京、田中稔社長)は24日、苫小牧東部地域の臨空柏原地区に、医療機器の工場を新設すると発表した。医療機器を世界的に展開する一大生産拠点で投資総額は約10...

室蘭民報

「バチッ」びっくり!静電気実験 不思議ワールド、環境科学館【室蘭】

 DENZAI環境科学館のスポットサイエンスが22日、室蘭市本町の同館で開かれ、参加した家族連れらが、風船やストローを使った静電気の実験を楽しんだ。  今年3回目の実験には約20人が参加した。...

室蘭民報

錦町に3カ所目プレオープン 「こはるはうす」の子ども食堂【伊達】

給食のない土・日曜日にお昼ごはん提供  伊達市の子ども食堂運営ボランティア「こはるはうす」(加藤友子代表)は23日、市内で3カ所目となる子ども食堂「こはるはうす」を錦町の天理教紋鼈(べつ)分教会...

名寄新聞

白銀の登山道を走る・なよろサンピラースノーマラソン【名寄】

 第6回なよろサンピラー10キロスノーマラソン大会(同実行委員会主催)が23日、名寄ピヤシリスキー場を発着点に開かれた。選手たちは厳しい寒さに負けず、白銀の登山道で健脚を競い合った。  同大会は...

CATEGORY記事カテゴリー

MEDIA参加新聞社

ARCHIVE月別記事リスト

RANKINGアクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス