北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

十勝毎日新聞

タイキシャトル 日高で悠々余生【大樹・新冠】

 フランスのジャック・ル・マロワ賞(G1)をはじめ、国内外のG1レースで5勝を挙げた名馬「タイキシャトル」(27歳、セン馬、栗毛)が、日高管内新冠町の引退馬牧場「ノーザンレイク」で穏やかに余生を送っている。大樹町内の牧場で育ち、勝利時には町全体が盛り上がった。今は全国のファンらが“里親”として支援している。

名馬ゼンノロブロイなどを手掛けた川越さんは馬の手入れの名手。優しく見守られながら、穏やかな日々を送るタイキシャトル

 タイキシャトルは1994年米国生まれ。かつて大樹町にあった「大樹ファーム」で育ち、97年にデビュー。安田記念、マイルチャンピオンシップ(2回)、スプリンターズステークスを勝ち、13戦11勝(2着1回、3着1回)の戦績を残し、98年度にはJRA(日本中央競馬会)年度代表馬に選ばれている。

 99年の引退後は2017年まで種牡馬として日高管内の新ひだか町と浦河町を行き来した。その後、NPO法人引退馬協会(千葉)の所有となり、会員が“里親”として支援する「フォスターホース」としてベルサイユリゾートファーム(同管内日高町)で2年半を過ごした。

 6月中旬、ノーザンレイクへ。共に移動した名馬メイショウドトウ(25歳)など5頭と日々を送り、馬の寿命は28歳程度と言われる中、食欲旺盛で体調も良好。「尾花栗毛」と呼ばれるたてがみや尻尾が金色がかった姿は今も美しい。

いたずら好き 世話焼きの面も

 同牧場の経営者で世話をする川越靖幸さん(56)はJRAの元厩務(きゅうむ)員で、当時、タイキシャトルの隣の厩舎で仕事をしていたという。現役当時の印象は「とにかく走る馬」。性格も穏やかではなく、「仁王立ちしていることもあった」と振り返る。

 昔は決まった人にしか世話をさせないこともあったが、現在は年のせいか穏やかに。いたずら精神は旺盛で、手入れしていると素知らぬ顔で人の足をわざと踏んでくることも。引退馬協会の加藤めぐみさんは「頭がいいから人も見てるし、その分、無駄なけんかもしない」と話す。

 “親切なおじいちゃん”の一面も。新たな牝馬が牧場に仲間入りした際、他の牝馬となじめるかどうか心配しているように見守っていたという。牧場の看板猫「メト」との関係も良好で、メトの散歩をじっと眺める姿も。年は取ったが、「今も前に出る力があり、いい歩き方をする。持って生まれたもの」(川越さん)という。

 産駒にはウインクリューガー、メイショウボーラー、サマーウインドなど安定した成績を残す馬を輩出してきた。世話をする川越さん、パートナーで競馬ライターの佐々木祥恵さん(55)の2人、そしてファンに支えられ、川越さんは「長く人間のために頑張ってきた。健康でのんびり過ごしてほしい」と優しく見詰めている。

 ◇

 現在はコロナ禍で見学は受け付けていない。タイキシャトルら馬の姿は牧場のツイッターフェイスブックで発信している。

ゲーム「ウマ娘」で人気再燃

 タイキシャトルが、人気ゲーム「ウマ娘 プリティーダービー」に登場し、脚光を浴びている。

 同ゲームはスマートフォン向けで、オグリキャップやサイレンススズカといった実在した競走馬を美少女にした育成シミュレーションゲーム。プレイヤーはトレーナーとして、彼女たち“ウマ娘”を育成しながらレースでの勝利を目指していく。2018年と今年にテレビアニメが放送され、モバイルゲームの4月売り上げ統計で世界第3位に入るなど大ヒットしている。

 ウマ娘でのタイキシャトルの設定は、パワフルで人懐こいカウガール。誰とでも仲良くしたがる一方、極度のさみしがり屋という性格だ。

 名付け親の伏見悦夫前大樹町長は「スペースシャトルと、スピードがあるバドミントンの羽根(シャトル)をかけて命名した」と振り返る。近年は再会できていないが、「一番思い入れのある馬で、元気でいるかなといつも頭から離れない」と語る。ゲームについては初めて聞いたと言い、「若い人に人気があるのはいいこと」と話している。

 十勝関連ではG1で6勝し、十勝軽種馬農協種馬所(幕別町)で余生を送るアグネスデジタルもキャラクターになっている。コロナ禍のため、現在は見学できない。

ウマ娘のタイキシャトル(Cygames提供)

関連記事

十勝毎日新聞

落花生ざっくざく 収穫スタート【芽室】

 十勝では珍しい落花生の収穫作業が、芽室町上伏古地区などで始まった。生産を手掛ける十勝グランナッツ生産者有限責任事業組合(LLP)の藤井信二代表は「生育時に天候に恵まれ、例年にない収量が見込める...

十勝毎日新聞

レンジで「レベチ」な一品に 町出身の大西さん3冊目の料理本【本別】

 本別町出身で「クッキングエンターテイナー」の肩書で活動する大西哲也さん(38)=東京=は28日、自身3冊目となる料理のレシピ本「COCOCORO大西哲也のレンチン レベチ飯」(扶桑社)を出版する...

十勝毎日新聞

命尽きるまで見守る サクラマス産卵【十勝】

 日高山脈の麓にある十勝川水系の支流で25日、産卵を終えたサクラマスの雌が見られた。ぼろぼろの体で、最期を迎えるまで卵を見守っている。  道東のサクラマスは降海後1年で成熟し、生まれた川に戻っ...

釧路新聞

ツブのブランド化へ試食会【釧路】

ひがし北海道ブランド化推進協議会(小船井修一会長)は26日、釧路産ツブのブランド化に向けて、東京から有名シェフら有識者を招いた会議と商品試作会を釧路センチュリーキャッスルホテルで開いた。南仏の...

函館新聞

古流かたばみ会が生け花体験教室 リンドウを生ける【函館】

 古流かたばみ会北海道支部(仲谷理燿支部長)は26日、生け花体験教室「季節に学ぶ日本人の生き方」を函館市亀田交流プラザで開いた。リンドウを花材とし、市民15人が奥深い生け花の世界に触れた。 ...

CATEGORY記事カテゴリー

MEDIA参加新聞社

ARCHIVE月別記事リスト

RANKINGアクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス