北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

十勝毎日新聞

自社生産の生乳でジェラート専門店 31日オープン ノベルズ【帯広】

 畜産大手・ノベルズグループ(本社上士幌町)は31日、自社牧場の生乳を使った直営のジェラート専門店を帯広市内に開く。肉牛のブランド化などはこれまでも進めてきたが、乳製品の加工販売は初。事業統括の延與(えんよ)友紀ノベルズ社長室副室長は「良質な生乳を店内で低温殺菌するなど丁寧に製造する。ジェラートを通じ、生乳本来のおいしさを多くの消費者に伝えたい」と話している。

開業準備が進むジェラテリア・ネーヴェの外観。「ネーヴェ」はイタリア語で「雪」

 使用するのは「ノベルズデーリィーファーム」(清水町)の生乳。グループの酪農主要拠点で2011年設立。自家製デントコーン主体の餌で育成し、「甘みがあるのにすっきりした後味が特長」(延與氏)。飼養頭数約4000頭、年間出荷乳量3万7337トン(20年度)を誇る日本有数の飼養規模で、ジェラート店の運営も担う。

「良質な生乳を生かし、口溶けよい品に仕上げた」とPRするノベルズのジェラート

 数年前から自社生乳を広く味わってもらえる加工品の販売を計画。店名は「GELATERIA NEVE(ジェラテリア・ネーヴェ)」(ネーヴェはイタリア語で「雪」の意)。場所は西20南5で、元飲料店だった建物を改装。事業費は非公表。ミルクやチョコなど10種を用意、ダブルで450円、季節限定品や、旭川の専門店と連携した特別ブレンドコーヒー(300円)なども提供する。

部門統括の延與友紀氏

 延與氏は「安定剤は使用せず、試作を重ね、口に入れるとすっと溶ける口当たりを実現できた」とPR。新店舗の営業時間は午前11時~午後6時、水曜定休。電話0155・29・5479。1日40キロほどの製造体制とし、年内にECサイト(ネット通販)を立ち上げ、徐々に製造を増やしたい考え。

 グループはノベルズ(延與雄一郎社長)を中核に、肉牛や酪農、食品事業を展開する。肉牛では独自の生産モデルを確立、「十勝ハーブ牛」をブランド化し、加工販売や飲食店経営なども行う。

関連記事

十勝毎日新聞

レンジで「レベチ」な一品に 町出身の大西さん3冊目の料理本【本別】

 本別町出身で「クッキングエンターテイナー」の肩書で活動する大西哲也さん(38)=東京=は28日、自身3冊目となる料理のレシピ本「COCOCORO大西哲也のレンチン レベチ飯」(扶桑社)を出版する...

十勝毎日新聞

清水高生のスイーツ全道2位 高校パティシエコンテスト【清水】

 セコマ(札幌)などが主催するスイーツコンテスト「ハイスクールパティシエロワイヤル2021」で、清水高校(吉村教賢校長、生徒262人)の中林寿泉奈(すみな)さん=3年=と堀田優菜さん=同=が出品し...

十勝毎日新聞

サケの押しずしで広尾高チーム初V マルシェ甲子園【十勝】

 全国の高校生が十勝産食材を使ったオリジナル料理を競う「とかちマルシェ料理甲子園」(とかちマルシェ運営協議会主催)が20日に行われ、「十勝NEWスタイル押し寿司」を出品した広尾高校の「BLACK!...

十勝毎日新聞

管内8店の“あんことミルク”食べて応援【十勝】

 十勝を代表する小豆や乳製品の消費喚起を目的に、管内8店舗のオリジナル商品を応援する「あずき食べてみるく?キャンペーン」が、30日まで行われている。同キャンペーン事務局は「小豆と乳製品の相性は抜群...

十勝毎日新聞

十勝産品3割引き 今年も応援企画 藤丸と振興局【十勝】

 新型コロナウイルスで苦しむ地域の食品関連業者を応援しようと、藤丸と十勝総合振興局は昨年に続き、「とかち元気プロジェクト」を企画した。期間内配送限定で、十勝産品のセット商品を定価の3割引きで購入...

CATEGORY記事カテゴリー

MEDIA参加新聞社

ARCHIVE月別記事リスト

RANKINGアクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス