北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

函館新聞

函館市内4連休にぎわう 盆休みに向けコロナ再拡大の不安も【函館】

観光客でにぎわう函館市内(23日)

 22~25日の4連休の道南は好天が続き、行楽日和となり、市内は観光客でにぎわいを見せた。8月の盆休みを控え、観光、宿泊施設関係者からは観光客入り込みへの期待とともに、新型コロナウイルス再拡大への不安の声が聞かれた。

 五稜郭タワーは4日間で約9000人が来館し、前年同期比で400人ほど増加。道内の個人客が中心で23日がピークだった。担当者は「展望フロアへのチケット購入に列ができるなど久しぶりににぎわっていた。野外劇による集客もあったのでは」とみる。函館山ロープウェイは霧による視界不良もあったが、4日間で約1万1600人が利用。担当者は「連休前の週末に比べると多かったが、コロナ前には戻っていない。今後の感染状況次第だが、盆の時期に向け、収束して客足が戻ってほしい」と話す。

 連休中はイカ釣り堀などが観光客に人気だった函館朝市協同組合連合会の藤田公人理事長は「週末でも客足が増えない中、たくさんのお客さんに来てもらえるのは店にとって喜ばしいこと」とする一方「これまで連休のたびに感染が拡大してきた。今後函館でも感染者が増えないか心配」とする。

 JR北海道がまとめた8月6日~17日の指定席予約状況(今月19日現在)によると、予約席数は新幹線が2019年同曜日比で28・3%、在来線では34・9%にとどまっている。予約のピークは新幹線(新函館北斗発着)で着が8月7日、発が15日、在来線(札幌発着)は着が6日、発が8日となっている。

 「函館元町ホテル」(大町)では、8月前半の週末を中心に4割ほど予約が埋まっているといい、遠藤浩司社長は「連休も22、23日は7割弱の稼働率で直前に予約する客も多かった。盆休みが近づくにつれ、また予約が伸びるのでは」と分析し「夏休みなので、予防しながら家族連れなどで楽しもうという需要はある」と見込んでいる。

関連記事

十勝毎日新聞

落花生ざっくざく 収穫スタート【芽室】

 十勝では珍しい落花生の収穫作業が、芽室町上伏古地区などで始まった。生産を手掛ける十勝グランナッツ生産者有限責任事業組合(LLP)の藤井信二代表は「生育時に天候に恵まれ、例年にない収量が見込める...

十勝毎日新聞

レンジで「レベチ」な一品に 町出身の大西さん3冊目の料理本【本別】

 本別町出身で「クッキングエンターテイナー」の肩書で活動する大西哲也さん(38)=東京=は28日、自身3冊目となる料理のレシピ本「COCOCORO大西哲也のレンチン レベチ飯」(扶桑社)を出版する...

十勝毎日新聞

命尽きるまで見守る サクラマス産卵【十勝】

 日高山脈の麓にある十勝川水系の支流で25日、産卵を終えたサクラマスの雌が見られた。ぼろぼろの体で、最期を迎えるまで卵を見守っている。  道東のサクラマスは降海後1年で成熟し、生まれた川に戻っ...

釧路新聞

ツブのブランド化へ試食会【釧路】

ひがし北海道ブランド化推進協議会(小船井修一会長)は26日、釧路産ツブのブランド化に向けて、東京から有名シェフら有識者を招いた会議と商品試作会を釧路センチュリーキャッスルホテルで開いた。南仏の...

函館新聞

古流かたばみ会が生け花体験教室 リンドウを生ける【函館】

 古流かたばみ会北海道支部(仲谷理燿支部長)は26日、生け花体験教室「季節に学ぶ日本人の生き方」を函館市亀田交流プラザで開いた。リンドウを花材とし、市民15人が奥深い生け花の世界に触れた。 ...

CATEGORY記事カテゴリー

MEDIA参加新聞社

ARCHIVE月別記事リスト

RANKINGアクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス