北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

十勝毎日新聞

機内食に十勝産食材 機内誌やビデオで特集 JAL【東京】

 日本航空(JAL)は27日、月ごとに地域の魅力を発信する「JALふるさとプロジェクト」で、8月に十勝を特集すると発表した。機内誌や機内ビデオで十勝の食や観光を紹介、国内線ファーストクラスの機内食(夕食)に十勝産食材を使用する。新型コロナウイルス収束後の誘客促進を期待している。

共同記者会見に出席した(右から)赤坂社長、米沢市長、梶原会長

 同プロジェクトは2013年にスタート。14年は十勝単独、19年は東北海道のくくりで取り上げた。JALは3月に中札内村と連携協定を締結、4月からフードバレーとかち推進協議会やグループ会社のJALUXと共同で開発したチーズを販売、十勝との関係を深めていた。

 今回の十勝特集では、機内誌(SKYWARD)で「十勝 北のミルクをめぐる旅」と題し、十勝の酪農家やチーズ職人を紹介。機内ビデオ(11月に放映)では客室乗務員が旅人となり、乗馬などのアクティビティー、サウナが楽しめるホテル、人気グルメを発信する。

 機内食は羽田と伊丹、新千歳、福岡、沖縄を結ぶ4路線で提供。幕別町内の観光ガーデン・十勝ヒルズのレストラン「ヴィーズ」でヘッドシェフを務めるガライ・アダムさんが監修、十勝ヒルズで飼育している「十勝ロイヤルマンガリッツァ豚」、十勝産のマッシュルーム、白インゲン豆などを使用する。十勝産和牛セットをマイル交換商品として提供、十勝を訪れるツアーなども企画した。

機内で提供される夕食の一例

 JALの赤坂祐二社長、米沢則寿帯広市長、十勝観光連盟の梶原雅仁会長が27日、十勝ヒルズで記者会見を開催。オンラインで出席した赤坂社長は「コロナが収まれば、広々とした場所で、おいしい物を食べたい、開放感に浸りたいという思いは強くなる。そういった点で十勝の魅力を全国に伝えたいと特集を組んだ」と述べた。

 米沢市長は「秋口から国内の需要が戻ってくるのではないか。一番良いタイミングで十勝を発信してもらうことに感謝したい」、梶原会長は「多くの人に十勝を知ってもらい、旅の目的地になることを楽しみにしている」と語った。

関連記事

室蘭民報

個人塾、オンライン授業 学習進ちょく状況共有、輪西・共生舎【室蘭】

 室蘭市輪西町の個人塾「共生舎」は、9月から対面授業と並行してオンライン授業を開始した。北海道観光マスターの資格を持つ高橋慎吾代表(35)は「オンラインは場所を選ばないので、気楽にいろんな学びの...

室蘭民報

韓流ブーム再び、西胆振でも 菓子・飲食店・雑貨店…、主婦らに人気【室蘭】

 2020年(令和2年)に日本で配信された韓流ドラマ「愛の不時着」や「梨泰院クラス」、世界的に人気を集める男性アイドルグループ「BTS(防弾少年団)」が火付け役となった「第4次韓流ブーム」。室...

室蘭民報

秋色、レイクヒル・ファーム 15種類以上の花咲く【洞爺湖】

 洞爺湖町花和のジェラート店レイクヒル・ファーム(塩野谷通代表)の花畑で、秋の花が見ごろを迎えている。コスモスビッキーなど15種類以上が美しさを競い合い、観光客らの目を楽しませている。  同店...

室蘭民報

市、内部事務デジタル化 来月から本格始動、テレワーク環境を充実【登別】

労務や文書管理  登別市は10月から、職員の業務効率化に向け、内部事務のデジタル化を本格化させる。一部導入していた電子決裁を全事務に拡大。労務や文書管理もシステム化する。コロナ禍のリスク分散や働...

苫小牧民報

「むかわキンパ」商品化へ 鵡川高生 地元の食材を使って コンテストで発表、試..

鵡川高校の生徒たちが、地元の食材を使った韓国風のり巻き「むかわキンパ」の開発、商品化を進めている。地域のオリジナル料理として、10月2日にオンライン開催される高校生チャレンジ・グルメコンテストin...

CATEGORY記事カテゴリー

MEDIA参加新聞社

ARCHIVE月別記事リスト

RANKINGアクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス