北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

十勝毎日新聞

豪華列車で園児おもてなし 「ロイヤルEXP」【池田】

クルーの案内でロイヤルエクスプレスに乗車する園児ら

 今夏、道内を周遊する高級観光列車「ザ・ロイヤルエクスプレス」の試運転が27日に行われ、十勝管内でも青を基調とした気品ある姿を見せた。JR池田駅では、池田保育園(金子道子園長、園児112人)の年長児24人が停車中の車両を見学し、同列車のクルーから手厚い“おもてなし”を受けた。

 道内の観光振興と地域活性化を図る目的で、東急(東京)とJR北海道が昨年に続いて運行。今年は8月13日~9月27日に計7回・3泊4日(一部4泊5日)のプランで札幌を出発して十勝や知床などを巡る。

 昨年は同園園児が同列車の通過時間帯に園庭から手を振って来町を歓迎し、池田駅でも旗を振って出迎えるなどして乗客をもてなした。今回、その礼を兼ねて東急側の提案で園児たちを車両に招待した。

 この日、札幌駅を出発した列車は予定より7分遅れで池田駅に到着。園児は4人ずつ6班に分かれてクルーの案内で乗車し、「ホテルみたい」と声を弾ませながら濃青色の客車5両を見て回った。専用のポストカードとシールもプレゼントされ、最後はホームで「どうもありがとうございました」と元気にあいさつ。ある女児(5)は「楽しかった。(座席の柄が)きれいだった」と話した。

 試運転とあって客車をけん引する機関車には赤色が目を引く「赤カマ」(通称)が代役で登場し、本線を運行する物珍しさにシャッターを切る鉄道ファンの姿も見られた。

関連記事

苫小牧民報

「むかわキンパ」商品化へ 鵡川高生 地元の食材を使って コンテストで発表、試..

鵡川高校の生徒たちが、地元の食材を使った韓国風のり巻き「むかわキンパ」の開発、商品化を進めている。地域のオリジナル料理として、10月2日にオンライン開催される高校生チャレンジ・グルメコンテストin...

苫小牧民報

じゃらん北海道も宿泊満足度ランキングでホテル杉田が1位、「心から歓迎」の..

苫小牧市表町の「くつろぎの湯苫小牧ホテル杉田」(佐藤聰代表)は、リクルート北海道じゃらん(札幌市)の宿泊満足度ランキング2021ホテル編で1位を獲得した。同社が発行する雑誌「北海道じゃらん」10月...

十勝毎日新聞

落花生ざっくざく 収穫スタート【芽室】

 十勝では珍しい落花生の収穫作業が、芽室町上伏古地区などで始まった。生産を手掛ける十勝グランナッツ生産者有限責任事業組合(LLP)の藤井信二代表は「生育時に天候に恵まれ、例年にない収量が見込める...

十勝毎日新聞

レンジで「レベチ」な一品に 町出身の大西さん3冊目の料理本【本別】

 本別町出身で「クッキングエンターテイナー」の肩書で活動する大西哲也さん(38)=東京=は28日、自身3冊目となる料理のレシピ本「COCOCORO大西哲也のレンチン レベチ飯」(扶桑社)を出版する...

十勝毎日新聞

命尽きるまで見守る サクラマス産卵【十勝】

 日高山脈の麓にある十勝川水系の支流で25日、産卵を終えたサクラマスの雌が見られた。ぼろぼろの体で、最期を迎えるまで卵を見守っている。  道東のサクラマスは降海後1年で成熟し、生まれた川に戻っ...

CATEGORY記事カテゴリー

MEDIA参加新聞社

ARCHIVE月別記事リスト

RANKINGアクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス