北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

十勝毎日新聞

芽室の山本君「歌い切った」 民謡日本一【東京】

 小中学生が民謡民舞の腕前を競う「2021年度 民謡民舞少年少女全国大会 民謡日本一決定戦」(日本民謡協会主催)が4日、東京都内で開かれ、山本樹君(12)=芽室上美生小6年=が小学校4・5・6年の部で優勝し、十勝から初めて同大会日本一の称号を手に入れた。山本君は「他にも上手な人がいたので、優勝と聞いたときは実感が持てなかった」と話している。

民謡民舞少年少女全国大会で十勝から初の日本一に輝いた山本君(中央)。同部門で準優勝の五日市さん(右)、中学生の部で準優勝の島田さん(左)

 大会は昨年、コロナ禍で開かれず、今回は2年ぶりかつ無観客での開催となった。小学校1・2・3年生の部に21組、同4・5・6年生の部に30組、中学生の部に30組が出場。4・5・6年生の部以上での優勝者には「日本一」の称号が贈られる。北海道から日本一が出るのは2014年以来、7年ぶり。

 山本君は今回、「道南口説節(どうなんくどきぶし)」で挑戦。こぶしが必要とされる同歌について「本番では何も考えず、歌い切った」と振り返る。

 「歌を磨きたい」との思いから3年前、石黒会(石黒みゆき代表)に入り、同年同大会に出場し、13位だった。「とても悔しい思いをした」と言い、今回はその雪辱を果たした。来年は中学生としての挑戦に燃えるほか、「『津軽よされ節』など持ち歌を増やそうと練習している」と話す。

 同部門では準優勝に同じく十勝美幸会の五日市詩葉さん(12)=帯広豊成小6年=が選ばれた。五日市さんは17年の同大会で3位に入った。今回は優勝を目指していただけに「とても悔しかった」と無念さをにじませる一方、「いつも通り練習してきたことを出し切った」と振り返る。

 中学生の部では、加藤恵理奈さん(帯広)に師事する島田侑歩さん(12)=帯広第二中1年=が準優勝を果たした。島田さんも小学4年時の初挑戦時の14位から大きく順位を上げ、「2位になれてうれしい」と喜び、「緊張で歌が速くなったので、次は完璧に歌い切りたい」と意欲を見せる。

関連記事

十勝毎日新聞

落花生ざっくざく 収穫スタート【芽室】

 十勝では珍しい落花生の収穫作業が、芽室町上伏古地区などで始まった。生産を手掛ける十勝グランナッツ生産者有限責任事業組合(LLP)の藤井信二代表は「生育時に天候に恵まれ、例年にない収量が見込める...

十勝毎日新聞

レンジで「レベチ」な一品に 町出身の大西さん3冊目の料理本【本別】

 本別町出身で「クッキングエンターテイナー」の肩書で活動する大西哲也さん(38)=東京=は28日、自身3冊目となる料理のレシピ本「COCOCORO大西哲也のレンチン レベチ飯」(扶桑社)を出版する...

十勝毎日新聞

命尽きるまで見守る サクラマス産卵【十勝】

 日高山脈の麓にある十勝川水系の支流で25日、産卵を終えたサクラマスの雌が見られた。ぼろぼろの体で、最期を迎えるまで卵を見守っている。  道東のサクラマスは降海後1年で成熟し、生まれた川に戻っ...

釧路新聞

ツブのブランド化へ試食会【釧路】

ひがし北海道ブランド化推進協議会(小船井修一会長)は26日、釧路産ツブのブランド化に向けて、東京から有名シェフら有識者を招いた会議と商品試作会を釧路センチュリーキャッスルホテルで開いた。南仏の...

函館新聞

古流かたばみ会が生け花体験教室 リンドウを生ける【函館】

 古流かたばみ会北海道支部(仲谷理燿支部長)は26日、生け花体験教室「季節に学ぶ日本人の生き方」を函館市亀田交流プラザで開いた。リンドウを花材とし、市民15人が奥深い生け花の世界に触れた。 ...

CATEGORY記事カテゴリー

MEDIA参加新聞社

ARCHIVE月別記事リスト

RANKINGアクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス