北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

苫小牧民報

夏の日差しに負けず タルマイソウ涼しげな花

樽前山(1041メートル)の登山道脇で、高山植物タルマイソウ(標準和名イワブクロ)が真夏の日差しにあらがうように、涼しげな薄紫色の花を咲かせている。

樽前山で咲くタルマイソウ=28日

 タルマイソウは7合目からの一般的な登山道周辺の砂れき地に多く自生している。例年は初夏の訪れを告げる6月に咲き始め、7月下旬までに見頃が終わる。

 今年も開花のピークは過ぎたが、岩場で影になりがちな場所など、ところどころで満開の株が見られる。苫小牧としては異例の暑さが続く中、小さな花が登山者を優しく出迎えている。

関連記事

苫小牧民報

「むかわキンパ」商品化へ 鵡川高生 地元の食材を使って コンテストで発表、試..

鵡川高校の生徒たちが、地元の食材を使った韓国風のり巻き「むかわキンパ」の開発、商品化を進めている。地域のオリジナル料理として、10月2日にオンライン開催される高校生チャレンジ・グルメコンテストin...

苫小牧民報

じゃらん北海道も宿泊満足度ランキングでホテル杉田が1位、「心から歓迎」の..

苫小牧市表町の「くつろぎの湯苫小牧ホテル杉田」(佐藤聰代表)は、リクルート北海道じゃらん(札幌市)の宿泊満足度ランキング2021ホテル編で1位を獲得した。同社が発行する雑誌「北海道じゃらん」10月...

十勝毎日新聞

落花生ざっくざく 収穫スタート【芽室】

 十勝では珍しい落花生の収穫作業が、芽室町上伏古地区などで始まった。生産を手掛ける十勝グランナッツ生産者有限責任事業組合(LLP)の藤井信二代表は「生育時に天候に恵まれ、例年にない収量が見込める...

十勝毎日新聞

レンジで「レベチ」な一品に 町出身の大西さん3冊目の料理本【本別】

 本別町出身で「クッキングエンターテイナー」の肩書で活動する大西哲也さん(38)=東京=は28日、自身3冊目となる料理のレシピ本「COCOCORO大西哲也のレンチン レベチ飯」(扶桑社)を出版する...

十勝毎日新聞

命尽きるまで見守る サクラマス産卵【十勝】

 日高山脈の麓にある十勝川水系の支流で25日、産卵を終えたサクラマスの雌が見られた。ぼろぼろの体で、最期を迎えるまで卵を見守っている。  道東のサクラマスは降海後1年で成熟し、生まれた川に戻っ...

CATEGORY記事カテゴリー

MEDIA参加新聞社

ARCHIVE月別記事リスト

RANKINGアクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス