北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

苫小牧民報

ヒラメにトライ 苫小牧、白老の海岸 ルアーで

夏はターゲットが薄くなる胆振太平洋の海釣り。この機会に近年、サクラマスのルアー釣りでまれに上がるヒラメを狙おうと、釣り倶楽部担当が白老町の海岸で試し釣りをした。

マイワシなどを模したメタルジグやミノー

 市内の釣り具店によると、苫小牧港・東港から白老の海岸ではルアーでヒラメを釣った報告が毎年寄せられる。海サクラマスが岸寄りする5~7月は、産卵を控えたヒラメが浅場に移動する時期と重なるためだ。

 そこで釣り倶楽部担当は”資源調査”を兼ねて7月下旬、白老町の海岸で実釣した。変化の少ない砂浜の釣りでは河口周辺、離岸堤、潮目や離岸流の有無がポイント選びの基準だ。

 使ったルアーは30~40グラムのメタルジグと12センチのミノー。

 最初はミノーで手前を探り、反応がなければジグを使って遠投し、広い範囲で探った。

 底付近を泳がしたり、ストップ&ゴーを繰り返したりする中でルアーにアタックしてきたのは20~30センチのサバ。イワシの群れがいるのかサバの魚影は濃い。ヒラメが寄っている可能性もあると考え、小一時間ほど一帯を釣り歩いたが、サバの活性の高さと暑さに閉口してさおを畳んだ。

 噴火湾ほどヒラメは濃くない苫小牧、白老。魅力的なターゲットだけに、狙って釣れる身近な魚になることを期待したい。

関連記事

十勝毎日新聞

氷結の湖上 テント満開 糠平湖ワカサギ釣り【上士幌】

 糠平湖の「ワカサギ釣り」が6日に解禁され、3連休に入り、にぎわっている。厳冬の中、氷上に色とりどりのテントが並び、防寒着姿の釣り人たちが、氷に開けた丸い穴に釣り糸を垂らして楽しんでいる。  ...

十勝毎日新聞

冬を楽しもう ホロカヤントー ワカサギ釣り【大樹】

 十勝の冬のレジャーといえば「ワカサギ釣り」。冷え込みが厳しくなるにつれて各地で解禁されるが、大樹町内の「ホロカヤントー」は最も早い昨年12月31日にオープンした。  ホロカヤントーは同町晩成地...

十勝毎日新聞

ワカサギ解禁 さっそく歓声 ホロカヤントー【大樹】

 大樹町晩成のホロカヤントーで31日、ワカサギ釣りが解禁された。大みそかにもかかわらず愛好者や家族連れが詰め掛け、凍った沼の上で糸を垂らした。来年2月末まで楽しむことができる。  今週に入り...

十勝毎日新聞

十勝からの情報(11月7日ごろ)

■然別川 ▽ニジマス18~35センチ、3~7匹。鹿追町市街周辺 ■美里別川 ▽ニジマス18~40センチ、3~5匹。下流域 ■士幌川 ▽ニジマス18~35センチ、3~5匹。下流域。ブラウントラウトが交...

十勝毎日新聞

十勝からの情報(10月31日ごろ)

■然別川 ▽ニジマス18~35センチ、3~7匹。鹿追町市街周辺 ■美里別川 ▽ニジマス18~40センチ、3~5匹。下流域 ■士幌川 ▽ニジマス18~35センチ、3~5匹。下流域。ブラウントラウトが交じる

CATEGORY記事カテゴリー

MEDIA参加新聞社

ARCHIVE月別記事リスト

RANKINGアクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス