北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

十勝毎日新聞

小嶋さんけん玉全国チームに 埼玉の専門店から勧誘【上士幌】

 上士幌中学校3年の小嶋竜之介さん(14)が、埼玉県川越市のけん玉専門店「スーラボ」が運営するけん玉チームのメンバー(全国約20人)に加わった。同店からオリジナルブランドのけん玉やTシャツなどが支給され、大会ではそれらを使用してPR役を果たす。小嶋さんは「(けん玉界における)自分自身の存在をみんなに知ってもらえるよう努力したい」と話している。

チームのTシャツを着てけん玉の技を披露する小嶋さん

 スーラボは実店舗やオンラインでけん玉や関連商品を販売、指導している。チームの名前は「スーラボチーム」。こうした店が設けているチームは国内外にあるが、「実際、メンバーになった人は十勝出身者ではいないかもしれない」(小嶋さん)という。

 小嶋さんは会社員則之さん(44)の長男。2018年4月、一家5人で川越市から上士幌町に移住。小学6年だった小嶋さんは転居後にけん玉を始め、のめり込んだ。毎日2、3時間練習し、その様子を録画してインスタグラムに投稿。約2年間、毎日のように続けた。スーラボのオーナーで同チームの監督でもあるスーさん(37)=本名非公開=も投稿を見ていた。

 小嶋さんは、19年1月にはプロ級の腕前と言われるけん玉検定(一般社団法人グローバルけん玉ネットワーク運営)のマスター1級に初めて合格。検定の技が毎年変わる同1級に翌年も合格するなど、着実に力を付けた。

 この間、一家で同市の店を訪れることも。則之さんも出張などで上京の際、店に顔を出すなどして交流が続いていた。

 今回、スーさんから声が掛かって、今月7日付でチームに加入した。スーさんは「ずっと成長を見てきた。やるべきことを、次に会う時までにきちんとやっている」と評価。さらに「オールジャンルで技ができるのが特徴。これからもけん玉を楽しんでほしい」と期待する。

 メンバーになったことについて、小嶋さんは「うれしい。チームの一員という責任もある。上には上がいるので、プロのレベルになりたい」とさらなるレベルアップを目指す。則之さんは「興味を持って始めたけん玉で実力を付け、チームに入る機会に恵まれた。楽しく続けてほしい」とエールを送る。

関連記事

室蘭民報

「カンちゃん」3代目に、オープン初日にお披露目 環境科学館名物ウェルカムロ..

 25日にオープンを迎えるDENZAI環境科学館の名物ウェルカムロボット「カンちゃん」が生まれ変わる。同館を運営するNPO法人科学とものづくり教育研究会かもけんのスタッフが3代目となる「カンちゃ...

室蘭民報

便利で簡単、バスの乗り方 白鳥台の住民に教室【室蘭】

 道南バス(室蘭市東町、長谷川義郎代表取締役社長)と私鉄総連道南バス支部(工藤幹彦執行委員長)は11月30日、室蘭市白鳥台の白鳥台ショッピングセンターハックの駐車場で「バスの乗り方教室」を開いた...

苫小牧民報

タンチョウ見守り10年 今年はひな2羽成長 ネイチャー研究会 むかわ

野鳥観察や自然保護を行うむかわ町の団体「ネイチャー研究会inむかわ」が、2011年から町内でタンチョウを見守り続けて10年を経過した。今年は初めてひなが2羽育ち、町内にタンチョウが飛来してから成長...

苫小牧民報

RFLとまこまい実行委事務局長の下村達也さん 「希望のヒーロー」米国の対..

がん撲滅を目指すチャリティーイベント、リレー・フォー・ライフ(RFL)のとまこまい実行委員会事務局長下村達也さん(68)=苫小牧市北光町=が、米国の対がん協会(ACS)から今年のがん経験者や支援者...

十勝毎日新聞

屋久島ガイド 先駆は十勝人 音更出身・小原さん【十勝】

 豊かな原生自然が広がり世界自然遺産に登録される鹿児島県の屋久島で、十勝出身の小原比呂志さん(59)がガイドとして活躍している。屋久島ガイドの草分け的存在で、35年前から縄文杉(樹齢数千年)の案内...

CATEGORY記事カテゴリー

MEDIA参加新聞社

ARCHIVE月別記事リスト

RANKINGアクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス