北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

十勝毎日新聞

コロナ禍搬送 隊員感染防げ きょう救急の日【十勝】

 救急患者への応急処置を施し、いち早く医療機関へ搬送する消防署の救急隊員。新型コロナウイルスの流行下で感染者を運ぶこともあり、患者と隊員の安全を両立しながらの活動が求められている。長引くコロナ禍でも「救命のリレー」を確実につなぐため、現場では細心の注意を払いながら救急活動に当たっている。9月9日は「救急の日」。

感染防止衣を着用した帯広消防署の救急隊員。コロナ感染が疑われる患者の搬送時は、患者と隊員らを隔離する「アイソレーター」を使用する

 とかち広域消防局は昨年から、全ての救急活動で、救急隊員のゴーグルなどの防護具やマスク、感染防止衣(ガウン)の着用を強化した「標準予防策」を講じている。また、今年に入り帯広、芽室、本別の各消防署に搬送患者と隊員らを隔離する装置「アイソレーター」を計8台導入した。

 救急現場では、コロナ感染者や疑いのある患者を搬送することがある。日頃の感染対策は徹底しているが、同局は「大切なのは隊員が他の患者や隊員への感染源にならないこと」と強調。夏場の厳しい暑さの中でも、ガウンやマスク、ゴーグルなどは欠かさない。

 一度の救急活動で現場に向かうのは約3人。コロナ以前は、搬送後の救急車の消毒作業を5~6人で行っていたが、現在は二次感染防止のため、現場に出動した隊員のみで行うことも。コロナ禍では消毒場所も増やし、1時間かけて念入りに作業することもある。

 今春まで帯広消防署で救急搬送に携わり、現在は救急企画課で現場を後方支援する救急救命士の藤山純主査(41)は、「コロナだから特別ということはなく、救急活動はすべてが特別な状況」と語る。しかし、コロナの収束が見通せない中で、救急隊員は感染症流行のたびに「自分が感染するのでは」と不安感と隣り合わせだと打ち明ける。

 札幌や東京などの首都圏では、医療逼迫(ひっぱく)で患者を医療機関に運べないケースも相次いでいる。同局によると、管内で救急搬送が困難となった事例は確認されていない。ただ、医療機関が近くにない地域の場合、急変した場合にすぐに対応できず、最悪の事態も懸念されることから、同局は住民に対し救急車の適正利用を呼び掛けている。藤山さんは「特定の人が気を付けるのではなく、誰もが必要な感染対策をし、コロナの収束に向かっていけたら」と前を見据えている。

関連記事

室蘭民報

個人塾、オンライン授業 学習進ちょく状況共有、輪西・共生舎【室蘭】

 室蘭市輪西町の個人塾「共生舎」は、9月から対面授業と並行してオンライン授業を開始した。北海道観光マスターの資格を持つ高橋慎吾代表(35)は「オンラインは場所を選ばないので、気楽にいろんな学びの...

室蘭民報

韓流ブーム再び、西胆振でも 菓子・飲食店・雑貨店…、主婦らに人気【室蘭】

 2020年(令和2年)に日本で配信された韓流ドラマ「愛の不時着」や「梨泰院クラス」、世界的に人気を集める男性アイドルグループ「BTS(防弾少年団)」が火付け役となった「第4次韓流ブーム」。室...

室蘭民報

秋色、レイクヒル・ファーム 15種類以上の花咲く【洞爺湖】

 洞爺湖町花和のジェラート店レイクヒル・ファーム(塩野谷通代表)の花畑で、秋の花が見ごろを迎えている。コスモスビッキーなど15種類以上が美しさを競い合い、観光客らの目を楽しませている。  同店...

室蘭民報

市、内部事務デジタル化 来月から本格始動、テレワーク環境を充実【登別】

労務や文書管理  登別市は10月から、職員の業務効率化に向け、内部事務のデジタル化を本格化させる。一部導入していた電子決裁を全事務に拡大。労務や文書管理もシステム化する。コロナ禍のリスク分散や働...

苫小牧民報

「むかわキンパ」商品化へ 鵡川高生 地元の食材を使って コンテストで発表、試..

鵡川高校の生徒たちが、地元の食材を使った韓国風のり巻き「むかわキンパ」の開発、商品化を進めている。地域のオリジナル料理として、10月2日にオンライン開催される高校生チャレンジ・グルメコンテストin...

CATEGORY記事カテゴリー

MEDIA参加新聞社

ARCHIVE月別記事リスト

RANKINGアクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス