北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

十勝毎日新聞

「コハタ」来月閉店 老朽化、43年の歴史に幕【帯広】

 1978年に創業し、生活雑貨や文具などを扱う「コハタ」(帯広市西20南3・白樺通沿い、宇佐美英樹社長)が店舗の老朽化に伴い、10月3日で閉店する。豊富な品ぞろえで幅広い世代に親しまれてきた市内有数の大型雑貨店が43年の歴史に幕を下ろす。

長年地域の人に親しまれたコハタと宇佐美社長

 コハタは創業者の木幡吉博さん(81)がスーパーのかねのセンター啓西店(のちにサン・ムーン24啓西店)の出店に合わせて、売り場の一部で「リビングコハタ」として雑貨を販売したのが始まり。その後テナントとなり、89年には手狭になった店舗を増床。文具、手芸用品、衣料品、おもちゃなど商品数を増やし、2階にはファミリーレストラン「スマイル」を開設した。同スーパーは96年に閉店。2004年に木幡さんが健康上の理由で引退することになったが、従業員だった宇佐美社長(59)が店舗と店名を引き継ぎ、同年に再オープンした。

 午前9時から翌午前0時まで年中無休で営業。宇佐美社長は「遅くまでやるのはサンムーン24に入っていた頃の名残。縮めていく勇気もなかったが、行事の前日の夜中に慌てて買いに来る人もいて、貢献していた部分もあったのかな」と振り返る。新型コロナ流行後は、マスクなどの関連商品が数多く売れた。

 オープン時からの建物は老朽化が進み、5店あるテナントも埋まらない状態が続いていた。今後、別の場所で営業を続ける予定はない。コハタ西側の若者向け衣料品店「ガチャピン」は閉店、弁当屋「ヤムヤム」は市内西20南2に移転する。

 1日にコハタの閉店が告知されると、「ここでしか買えない商品もあったのに」「なくなったら困る」など惜しむ声が店に多数寄せられた。10月3日まで全品4割引きの売り尽くしセールを実施中で、連日多くの買い物客でにぎわっている。

 店舗ビルは近く解体する。宇佐美社長は「セール中、近隣にはご迷惑をお掛けして申し訳ない。会長(木幡さん)ともども長年お世話になりました」と感謝する。セール中の営業は午前10時~午後9時。水曜定休。

関連記事

名寄新聞

国内最高峰チェーンソーアート大会「エゾカップ」3年ぶり開催へ【下川】

 国内最高峰・道内唯一のチェーンソーアート大会「EZOCUP」(エゾカップ)は、7月14~17日までの4日間、桜ヶ丘公園フレペ広場特設会場で開かれる。  町内有志で組織する実行委員会(木霊光実行...

函館新聞

酒だるで塩辛 きれいなサクラ色 小田島水産食品【函館】

 函館の老舗水産加工業「小田島水産食品」(小田島隆社長)は、道南スギを使った酒だる(日本酒の容器)で初めて仕込んだイカ塩辛を商品化した。きれいなサクラ色をした塩辛が出来上がり、酒だるの新たな用途...

函館新聞

露地ニンジン艶やか 七飯で共選進む【七飯】

 【七飯】JA新はこだて七飯基幹支店のニンジン共選施設(町大中山7)で、全道一早い露地物の出荷が進んでいる。鮮やかなオレンジ色のニンジンが選別台を次々と流れ、全国へ良質なニンジンを送り出している...

日高報知新聞

みついし蓬莱山まつりをPR【新ひだか】

【新ひだか】7月3日に蓬莱山公園で3年ぶりに開催される「みついし蓬莱山まつり2022」(実行委主催)のPRポスターがこのほど完成し、公共施設などで掲示されている。  今年は、「新ひだかのおいしい...

日高報知新聞

ハタハタ稚魚158万匹を放流【えりも】

【えりも】道栽培漁業えりもセンターは21日、同センターでふ化したハタハタ稚魚158万匹を、えりも漁協海域の様似町冬島・旭両漁港、町内の笛舞漁港とえりも港に放流した。  同センターでは、えりも岬西部沿...

CATEGORY記事カテゴリー

MEDIA参加新聞社

ARCHIVE月別記事リスト

RANKINGアクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス