北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

十勝毎日新聞

伐採枝葉 動物園に寄付 キリンなどの餌や遊びに 北電ネット【帯広】

 北海道電力ネットワーク帯広支店(高橋章支店長)は今年度から、停電対策で伐採した樹木の枝葉を、おびひろ動物園に寄付する取り組みを始めた。動物の餌に有効活用する取り組みで、同社は「地域貢献の一環として続けたい」としている。

寄付された樹木の枝葉を食べるキリン

 樹木が電線に触れると停電が発生する可能性があり、電線に近い樹木については計画的に業者に伐採を委託、緊急性のあるものは自前で伐採している。自社で行うのは夏場の月1、2回程度で、伐採した枝葉は廃棄していた。

 7月にカシワとハルニレの2種類の木の枝葉を、試験的に動物園に寄付。カシワは毒性があるため、ハルニレのみサルとキリンに与えた。動物園側の意見を参考に今月7日には、葉が軟らかく動物たちも好んで食べる柳の枝葉約200~300キロを寄付した。キリン、サル、ビーバーに与えたところ、食べたり、遊び道具にしたりしていた。

 おびひろ動物園では通常、キリンの枝葉は業者から購入し、その他は月2回程度、飼育員が柳などを伐採して調達している。飼育展示係の松尾太郎さんは「枝葉の寄付は珍しく、貴重。柳はもらえるとありがたい」と感謝していた。

 北電ネットワーク帯広支店配電部配電グループの名内裕貴グループリーダーは「停電防止のために伐採した枝葉が動物の餌となり、喜んでもらえてうれしい」と話している。

寄付した枝葉と北電ネットワークの社員ら(右から2人目が名内グループリーダー)

 同社の札幌、旭川の支店でも今年度から、円山動物園(札幌市)と旭山動物園(旭川市)に対し、同様の取り組みを行っている。

関連記事

十勝毎日新聞

落花生ざっくざく 収穫スタート【芽室】

 十勝では珍しい落花生の収穫作業が、芽室町上伏古地区などで始まった。生産を手掛ける十勝グランナッツ生産者有限責任事業組合(LLP)の藤井信二代表は「生育時に天候に恵まれ、例年にない収量が見込める...

十勝毎日新聞

レンジで「レベチ」な一品に 町出身の大西さん3冊目の料理本【本別】

 本別町出身で「クッキングエンターテイナー」の肩書で活動する大西哲也さん(38)=東京=は28日、自身3冊目となる料理のレシピ本「COCOCORO大西哲也のレンチン レベチ飯」(扶桑社)を出版する...

十勝毎日新聞

命尽きるまで見守る サクラマス産卵【十勝】

 日高山脈の麓にある十勝川水系の支流で25日、産卵を終えたサクラマスの雌が見られた。ぼろぼろの体で、最期を迎えるまで卵を見守っている。  道東のサクラマスは降海後1年で成熟し、生まれた川に戻っ...

釧路新聞

ツブのブランド化へ試食会【釧路】

ひがし北海道ブランド化推進協議会(小船井修一会長)は26日、釧路産ツブのブランド化に向けて、東京から有名シェフら有識者を招いた会議と商品試作会を釧路センチュリーキャッスルホテルで開いた。南仏の...

函館新聞

古流かたばみ会が生け花体験教室 リンドウを生ける【函館】

 古流かたばみ会北海道支部(仲谷理燿支部長)は26日、生け花体験教室「季節に学ぶ日本人の生き方」を函館市亀田交流プラザで開いた。リンドウを花材とし、市民15人が奥深い生け花の世界に触れた。 ...

CATEGORY記事カテゴリー

MEDIA参加新聞社

ARCHIVE月別記事リスト

RANKINGアクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス