北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

十勝毎日新聞

おいしい十勝ワインに 仕込み作業スタート【池田】

ブドウの選別が進むワインの仕込み作業

 2021年産ブドウを使った十勝ワインの仕込み作業が15日、池田町ブドウ・ブドウ酒研究所(佐野寛所長)で始まった。作業は10月いっぱい続き、仕込み総量は約400~450トンをみている。

 初日に到着したのは、町千代田の直営のほ場で14日に収穫した赤ワイン用ブドウ「清見」約2トンと、後志管内仁木町で収穫されたばかりの白ワイン用ブドウ「モリオマスカット」約4トン。ワイン城東側のB倉庫にそれぞれ運び込まれた。

 同日は午前8時半に同研究所の製造スタッフらが集合。安井美裕町長が「今年も良質なワインができることを期待している。事故なく作業を」と清めの塩をまいて安全を祈願、佐野所長の発声でスパークリングワインで乾杯し、作業をスタートした。

 大量のブドウが次々とコンベヤーに移され、除梗(こう)機で小さな枝を取り除いた後、汚粒などを手作業で選果し、発酵タンクに送り込んだ。

 10月からは交配品種の「山幸」「清舞」などが加わり、清見などの赤ワインは熟成期間を経て2~3年後に店頭に並ぶ予定だ。

関連記事

十勝毎日新聞

落花生ざっくざく 収穫スタート【芽室】

 十勝では珍しい落花生の収穫作業が、芽室町上伏古地区などで始まった。生産を手掛ける十勝グランナッツ生産者有限責任事業組合(LLP)の藤井信二代表は「生育時に天候に恵まれ、例年にない収量が見込める...

十勝毎日新聞

レンジで「レベチ」な一品に 町出身の大西さん3冊目の料理本【本別】

 本別町出身で「クッキングエンターテイナー」の肩書で活動する大西哲也さん(38)=東京=は28日、自身3冊目となる料理のレシピ本「COCOCORO大西哲也のレンチン レベチ飯」(扶桑社)を出版する...

十勝毎日新聞

命尽きるまで見守る サクラマス産卵【十勝】

 日高山脈の麓にある十勝川水系の支流で25日、産卵を終えたサクラマスの雌が見られた。ぼろぼろの体で、最期を迎えるまで卵を見守っている。  道東のサクラマスは降海後1年で成熟し、生まれた川に戻っ...

釧路新聞

ツブのブランド化へ試食会【釧路】

ひがし北海道ブランド化推進協議会(小船井修一会長)は26日、釧路産ツブのブランド化に向けて、東京から有名シェフら有識者を招いた会議と商品試作会を釧路センチュリーキャッスルホテルで開いた。南仏の...

函館新聞

古流かたばみ会が生け花体験教室 リンドウを生ける【函館】

 古流かたばみ会北海道支部(仲谷理燿支部長)は26日、生け花体験教室「季節に学ぶ日本人の生き方」を函館市亀田交流プラザで開いた。リンドウを花材とし、市民15人が奥深い生け花の世界に触れた。 ...

CATEGORY記事カテゴリー

MEDIA参加新聞社

ARCHIVE月別記事リスト

RANKINGアクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス