北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

十勝毎日新聞

高木美帆 北京五輪へ照準 スケート代表合宿練習公開【長野】

 スピードスケートのナショナルチーム(NT)が14日、長野県上田市の菅平高原で合宿中の練習を公開した。幕別町出身の高木菜那(日本電産サンキョー-帯南商高出)、美帆(日体大職-日体大、同高出)姉妹らが、来年2月の北京冬季五輪を見据えて、陸上トレーニングに励んだ。体重移動やフォームの確認を行うスライドボードでは、高木姉妹と押切美沙紀(富士急-駒大苫小牧高、中札内中出)らオールラウンダー陣は8分間を4セット行った。村上右磨(高堂建設)や郷亜里砂(イヨテツ-山梨学院大、白樺学園高出)らの短距離勢は2分間、山田将矢(日本電産サンキョー-日大、池田高出)らの中距離陣は3分間のトレーニングを、正面に置かれた鏡を見ながら姿勢などをチェックしていた。自転車のメニューにも熱心に取り組んでいた。

スライドボードトレーニングを行う高木美帆(左)。奥は佐藤綾乃

 菅平高原は標高1300メートルから1600メートルと高地にあり、平地より酸素が薄い。NTは心肺機能の強化などを目的に、平昌五輪の前年の2017年から同地で合宿を定期的に実施している。今回は2日から24日までと従来より長い期間に。ヨハン・デビットヘッドコーチ(オランダ)は「よりハードなトレーニングができることと、高地への慣れの二つの目的がある」とする。

 北京五輪での日本の出場枠数に影響のあるワールドカップ前半戦で予定されている、高地のソルトレークシティー(米国)とカルガリー(カナダ)を見越したもの。ヨハンヘッドコーチは「現在は、選手のコンディションも雰囲気も非常に良い」と話した。

 菅平合宿の後は帯広に移動し、10月6日まで明治北海道十勝オーバルで練習を重ね、国内主要大会の開幕戦となる全日本距離別選手権(同22~24日、長野市のエムウェーブ)に臨む。

大舞台「次は自分たちの番」 勝ちに行く滑りを

 「東京オリンピックが終わって周りの空気が冬にシフトチェンジした感覚があり、気が引き締まった。きれいな滑りではなく、勝ちに行けるように取り組んでいく。一番のキーポイントはメンタル」。高木美帆は現段階では、五輪だけに焦点を合わせる段階ではないと前置きした上で、5カ月後に迫った大舞台への意欲を語った。

 前回の2018年平昌五輪では、団体追い抜き(チームパシュート)で金メダル、1500メートルで銀、1000メートルで銅と三つのメダルを獲得。北京ではパシュートの連覇と個人種目での金メダルの期待も懸かる。けがなどもあった昨年の同時期と比べ、「通常通り、体に特に不安を感じることなくトレーニングできている。一つひとつの練習の中身の質を上げていくことに集中している」。

 コロナ禍での東京五輪はテレビで観戦した。選手の笑顔や歓喜の場面を見て元気や勇気をもらい、スポーツの力を感じた。開催について賛否のいろいろな意見があるのも理解している。1500メートルの世界記録保持者は「複雑な気持ちもあり表現が難しいが、次は自分たちの番かなと。しっかりやっていきたいと思った」と力を込めた。

菜那 成長を実感

トレーニング中に談笑する(左から)押切美沙紀と高木菜那

 平昌五輪マススタート金メダルの高木菜那も、北京五輪へ気持ちが高まっている。「東京五輪でたくさんの刺激を受けた。北京へ良いスタートを切れるようにしていく」と力強く話した。

 近年苦しめられていた膝の不安が減った昨季は、個人種目でも飛躍。今年は菅平に来る前の帯広での1カ月近い氷上練習で「昨季と比べてまた違う手応えやフィーリングが更新されている」とさらなる成長を実感している。

 東京五輪では男子マラソンで6位に入賞した大迫傑(ナイキ)に感銘を受けた。「レース後に自分の走りが100点満点と言っていた。これまでの積み重ねや努力を一つのレースで全部出せたというのはすごい。私も最高の舞台で100点満点の滑りをしたい」と目を輝かせた。

 菅平では陸上トレーニングの最後の追い込み時期と捉えている。「一本一本集中してやっている」としつつも、「スケートが速くならないと意味がない」と表情を引き締めた。

最後の200メートル強化を継続中 村上

 男子500メートルで34秒44の国内最高記録を持つ村上右磨は、7月上旬の網走合宿では腰に違和感を覚えていたが、現在は手応えを感じている。

 スタートダッシュなど前半のスピードには定評がある。「最後の200メートルが自分の課題。オリンピックで金メダルや、メダルを取る最後の決め手となる」。昨季から強化しており、今年も継続中だ。

 滑りでのパワーを出すために太ももや背筋に頼っていたが、全身を使えるように意識。骨盤の安定性にもつながってきている。

 「課題克服や目標に着実に近づいている」と自信を見せた。

世界にアピールできるタイムを 山田

 初の五輪出場を狙う25歳の山田将矢。「平昌五輪を見て、自分もオリンピックを目指したいと思ってやってきた。この4年間で一番良い準備ができている」と静かに話した。

 3季前に大躍進を果たし、国内、世界でもトップクラスの選手に。それでも「世界でそこまでマークされている選手ではない」と謙虚だ。平昌五輪後にNT入り。筋肉量が増え、着実にパワーアップしている。「(全日本)距離別選手権で世界にアピールできるタイムを出したい」と意気込んだ。

技術面を重視/押切美沙紀の話

 復帰して2シーズン目。挑戦する気持ちを忘れず、スケートを楽しみながら取り組んでいる。この夏は技術面を重視してきた。個人の力を高めることでパシュートのチームの力になれれば。

気持ちに余裕/郷亜里砂の話

 けがもなく順調。課題のスタートも陸上トレーニングから意識してきて、少しずつ理想に近づいている。がむしゃらに練習していた4年前より気持ちに余裕はある。北京でメダルを狙う。

積極的に体づくり/稲川くるみ(大東大-帯三条高出)の話

 体力面が課題なので、今年は積極的に体づくりに励み、技術面でも新濱(立也、高崎健大職)さんや村上(右磨)さんを見て試行錯誤している。コーナーを速くしたい。

悔いのない滑りを/辻麻希(開西病院)の話

 昨季は道具などいろいろと試したが思うような結果を残せず、課題が明確になったシーズンだった。(12月末の)代表選考会は北京に行く強い気持ちで戦う。悔いのない滑りができれば。

一つでも上位を/松井大和(シリウス-日大、鹿追高出)の話

 何としても五輪に出たい。国内での代表争いも激しいので、一つでも上の順位を目指す。まずはワールドカップに出るなど、着実に一つひとつやっていく。わくわくしている。

関連記事

室蘭民報

個人塾、オンライン授業 学習進ちょく状況共有、輪西・共生舎【室蘭】

 室蘭市輪西町の個人塾「共生舎」は、9月から対面授業と並行してオンライン授業を開始した。北海道観光マスターの資格を持つ高橋慎吾代表(35)は「オンラインは場所を選ばないので、気楽にいろんな学びの...

室蘭民報

韓流ブーム再び、西胆振でも 菓子・飲食店・雑貨店…、主婦らに人気【室蘭】

 2020年(令和2年)に日本で配信された韓流ドラマ「愛の不時着」や「梨泰院クラス」、世界的に人気を集める男性アイドルグループ「BTS(防弾少年団)」が火付け役となった「第4次韓流ブーム」。室...

室蘭民報

秋色、レイクヒル・ファーム 15種類以上の花咲く【洞爺湖】

 洞爺湖町花和のジェラート店レイクヒル・ファーム(塩野谷通代表)の花畑で、秋の花が見ごろを迎えている。コスモスビッキーなど15種類以上が美しさを競い合い、観光客らの目を楽しませている。  同店...

室蘭民報

市、内部事務デジタル化 来月から本格始動、テレワーク環境を充実【登別】

労務や文書管理  登別市は10月から、職員の業務効率化に向け、内部事務のデジタル化を本格化させる。一部導入していた電子決裁を全事務に拡大。労務や文書管理もシステム化する。コロナ禍のリスク分散や働...

苫小牧民報

「むかわキンパ」商品化へ 鵡川高生 地元の食材を使って コンテストで発表、試..

鵡川高校の生徒たちが、地元の食材を使った韓国風のり巻き「むかわキンパ」の開発、商品化を進めている。地域のオリジナル料理として、10月2日にオンライン開催される高校生チャレンジ・グルメコンテストin...

CATEGORY記事カテゴリー

MEDIA参加新聞社

ARCHIVE月別記事リスト

RANKINGアクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス