北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

十勝毎日新聞

まめまめしく世話 結実 「金時」収穫進む【上士幌】

鮮やかな赤紫色の輝きを放つ、収穫したての金時

 全国最大の豆の産地・十勝管内で、金時の収穫が進んでいる。7月の高温少雨で収量減や小粒傾向が心配されているが、品質は「良好」との声も。収穫したての金時は宝石のように、濃厚な赤紫色の輝きを放っている。

 上士幌町北居辺にある佐藤繕規さん(41)=町畑作振興会理事豆・麦部会長=の畑では、大正金時と福勝(ふくまさり)を計3.8ヘクタールで作付け。14日は作業も終盤に入り、収穫した金時が次々とトラックの荷台に積まれていった。佐藤さんは「昨年よりは、良い出来」と話す。

 管内の金時は昨年、収穫前の長雨で「色流れ」が発生。JA上士幌町管内では規格外が全体の75%ほどを占め、最低補償単価を設定し、農家所得を確保する厳しい年となった。

 同JAは今年産について、「小粒傾向で収量も平年より少ない。ただ品質は良く、等級品となりそう」(農産部販売課)とみている。

 管内の豆類の収穫は金時を皮切りに、手亡、小豆、大豆の順で進む。

関連記事

室蘭民報

市、内部事務デジタル化 来月から本格始動、テレワーク環境を充実【登別】

労務や文書管理  登別市は10月から、職員の業務効率化に向け、内部事務のデジタル化を本格化させる。一部導入していた電子決裁を全事務に拡大。労務や文書管理もシステム化する。コロナ禍のリスク分散や働...

苫小牧民報

「むかわキンパ」商品化へ 鵡川高生 地元の食材を使って コンテストで発表、試..

鵡川高校の生徒たちが、地元の食材を使った韓国風のり巻き「むかわキンパ」の開発、商品化を進めている。地域のオリジナル料理として、10月2日にオンライン開催される高校生チャレンジ・グルメコンテストin...

苫小牧民報

じゃらん北海道も宿泊満足度ランキングでホテル杉田が1位、「心から歓迎」の..

苫小牧市表町の「くつろぎの湯苫小牧ホテル杉田」(佐藤聰代表)は、リクルート北海道じゃらん(札幌市)の宿泊満足度ランキング2021ホテル編で1位を獲得した。同社が発行する雑誌「北海道じゃらん」10月...

十勝毎日新聞

落花生ざっくざく 収穫スタート【芽室】

 十勝では珍しい落花生の収穫作業が、芽室町上伏古地区などで始まった。生産を手掛ける十勝グランナッツ生産者有限責任事業組合(LLP)の藤井信二代表は「生育時に天候に恵まれ、例年にない収量が見込める...

十勝毎日新聞

レンジで「レベチ」な一品に 町出身の大西さん3冊目の料理本【本別】

 本別町出身で「クッキングエンターテイナー」の肩書で活動する大西哲也さん(38)=東京=は28日、自身3冊目となる料理のレシピ本「COCOCORO大西哲也のレンチン レベチ飯」(扶桑社)を出版する...

CATEGORY記事カテゴリー

MEDIA参加新聞社

ARCHIVE月別記事リスト

RANKINGアクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス