北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

室蘭民報

苫東・古川さん、最優秀賞 胆振高校定時制通信制生徒生活体験発表会【室蘭】

最優秀賞を受賞した古川さんの発表を見る審査員

ビデオ映像、7分間の熱弁

 2021年度(令和3年度)胆振地区高校定時制通信制生徒生活体験発表大会が10日、室蘭栄高校(新山知邦校長)で開かれた。室蘭、苫小牧両市の定時制高校に通う生徒6人がビデオ映像で学校生活やアルバイトを通じて成長したことなどを発表し、最優秀賞には苫小牧東高の古川麗奈さん(3年)が選ばれた。北海道高校校長協会定通部会日胆支部主催、室蘭民報社など後援。

 古川さんは「一年生の頃の自分と今の自分」の題で、「勉強をしないのが当たり前だった」1年生の自分を振り返りながら、「ほとんどの教科の得点が1桁と赤点だらけ」で「どうせ私なんか留年だ」と、諦めかけていた。そのときに担任教諭に言われた「授業態度やノート提出をしっかりとすること、それができている限りは見捨てない」という言葉を機に、勉強に励むようになった。

 得意になった日本史では90点以上を取れるようになり、「勉強ができない人間なんていないと今は思っています。以前の私のように勉強ができないのではなく、しないだけだと思っているからです」と発表。「この発表をきっかけに少しでも後輩たちの背中を押せたらいいな」と思いを込め、「意外に勉強って楽しいよ」と締めくくった。

 同大会は発表時間1人7分。発表内容60点、発表方法40点の配点で、前年度と同様、事前に録画したビデオ映像を見ながら審査が

行われた。大会長の新山校長は「生徒が求めているタイミングをうまく捉えて、必要な助言や指導を行うことが、生徒にとっては大事な機会になるという発表が多かった。教員の在り方、仕事の重大さをひしひしと感じている」と講評した。

 最優秀賞の古川さんは、10月にオンライン開催される全道大会に地区代表として推薦される。優秀賞には板垣謙典さん(苫小牧工業高4年)、久保快斗さん(苫小牧東高3年)が選ばれた。

関連記事

十勝毎日新聞

落花生ざっくざく 収穫スタート【芽室】

 十勝では珍しい落花生の収穫作業が、芽室町上伏古地区などで始まった。生産を手掛ける十勝グランナッツ生産者有限責任事業組合(LLP)の藤井信二代表は「生育時に天候に恵まれ、例年にない収量が見込める...

十勝毎日新聞

レンジで「レベチ」な一品に 町出身の大西さん3冊目の料理本【本別】

 本別町出身で「クッキングエンターテイナー」の肩書で活動する大西哲也さん(38)=東京=は28日、自身3冊目となる料理のレシピ本「COCOCORO大西哲也のレンチン レベチ飯」(扶桑社)を出版する...

十勝毎日新聞

命尽きるまで見守る サクラマス産卵【十勝】

 日高山脈の麓にある十勝川水系の支流で25日、産卵を終えたサクラマスの雌が見られた。ぼろぼろの体で、最期を迎えるまで卵を見守っている。  道東のサクラマスは降海後1年で成熟し、生まれた川に戻っ...

釧路新聞

ツブのブランド化へ試食会【釧路】

ひがし北海道ブランド化推進協議会(小船井修一会長)は26日、釧路産ツブのブランド化に向けて、東京から有名シェフら有識者を招いた会議と商品試作会を釧路センチュリーキャッスルホテルで開いた。南仏の...

函館新聞

古流かたばみ会が生け花体験教室 リンドウを生ける【函館】

 古流かたばみ会北海道支部(仲谷理燿支部長)は26日、生け花体験教室「季節に学ぶ日本人の生き方」を函館市亀田交流プラザで開いた。リンドウを花材とし、市民15人が奥深い生け花の世界に触れた。 ...

CATEGORY記事カテゴリー

MEDIA参加新聞社

ARCHIVE月別記事リスト

RANKINGアクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス