北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

釧路新聞

環境に配慮したオーガニック製品の開発ヘ【別海】

飼料と生乳の有機JAS認証書を手に矢口さん

 町内の酪農事業者ヤグチッチ(矢口義道代表)が今年、畜産物(生乳)の有機JAS(日本農林規格)認証を取得した。牛の餌(飼料)の有機認証も取得しており、両方を持つ酪農家としては釧根管内第1号。農林水産省が今年策定した2050年度までの「みどりの食料システム戦略」では、有機農業を強化することも盛り込まれており、矢口さん(53)は有機酪農の普及と環境に配慮したオーガニック製品の開発を目指す。

 矢口さんは長野県松本市出身の新規就農者。脱サラし町の研修牧場1期生として2000年に就農した。87㌶の草地で110頭(搾乳牛60頭)を放牧主体で飼育する。当初から有機酪農にこだわり、10年から草地には除草剤を使わず、飼料では19年12月、生乳では21年1月にそれぞれ有機認証を取った。有機にしてから生産性は2~3割落ちたが、1頭当たりの生涯乳量を重視する持続可能な酪農を一番大切にしている。

 18年から生乳を生産者団体の「ちえのわ事業協同組合」(以下ちえのわ)に出荷しており、環境負荷の少ない酪農を実践するちえのわからオーガニック製品を実現させようと取り組んでいる。現在はチーズ製造で有機JAS認証を持つ別の組合員仲間と新製品の開発にも着手。矢口さんは「有機は手間もお金も掛かるが、消費者目線を一番大切にしたい」と話す。

 有機酪農の先駆者は、06年に全国で初めて有機認証を取ったオホーツク管内の生産者でつくる津別町有機酪農研究会があり、同年から乳業メーカーの明治工場がこの生乳を使い「明治オーガニック牛乳」を製造販売している。

 有機JASは、農薬や化学肥料などに頼らず自然界の力で生産された食品を表しており「農産物」「加工食品」「飼料」「畜産物」に付けられる。認証は登録機関の検査基準を満たした事業者のみがマークを示すことができ、マークなしに「有機」や「オーガニック」などと表示することは法律で禁止されている。昨年7月には外国4カ国との同等性のため、牛乳やチーズなどの畜産物の加工品でもマーク表示が義務付けられた。

関連記事

函館新聞

旧函館支庁庁舎に「ジョリジェリ」入居へ まずは食から【函館】

 函館市西部地区再整備事業を担う第三セクター「はこだて西部まちづくRe―Design」(HWeR)は元町公園内の「旧北海道庁函館支庁庁舎」を活用して、市内の人気飲食店「ジョリージェリーフィッシュ」...

函館新聞

箱館五稜郭祭開幕/3年ぶり土方コンテスト、佐々木育恵さん悲願の優勝【函館】

 戊辰戦争の舞台となった五稜郭の歴史を後世に伝える「第53回箱館五稜郭祭」(協賛会主催)が21日、開幕した。新型コロナウイルス禍が続く中、今年は3年ぶりとなる通常規模での開催。初日は戦没者を供養...

苫小牧民報

山川農園 1粒なんと95グラム 巨大イチゴ収穫

まるでトマトのよう―。イチゴの収穫期を迎えた厚真町上厚真の山川農園で、巨大なイチゴがなった。幅7~8センチのサイズで、重さは通常をはるかに超える95グラム。関係者は「ここまで大きいのは見たことがない...

苫小牧民報

今月末で70年の歴史に幕 むかわの老舗シシャモ販売店 88歳店主鈴木さん

むかわ町花園で「鵡川ししゃも」を取り扱う水産加工品販売店「スズキ」が、31日をもって閉店する。全国のシシャモファンから親しまれてきた老舗だが、一代で店を築き上げてきた社長の鈴木譲さん(88)が腎臓...

十勝毎日新聞

ばんえい 空から観戦 ドローン撮影を実証実験【帯広】

 ばんえい十勝(帯広市主催)は20日、ドローンを活用したレース映像撮影の実証実験を行った。昨年12月に初回の実験を行い、今回は2回目となる。帯広競馬場で「楽天競馬」を運営する競馬モール株式会社と...