北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

十勝毎日新聞

旧狩勝線 案内看板を設置 「鉄道遺構 理解深めて」【新得】

 新得町教育委員会は、町指定文化財の旧狩勝線鉄道遺構群で未設置だった6カ所に案内看板を設置した。明治時代の石積みアーチ橋などが残っており、町教委は「文化財や鉄道遺構群に理解を深めて」と呼び掛けている。

鉄道遺構群入り口の町道脇に案内看板を設置する職員

 旧国鉄狩勝線(新得-上川管内南富良野町落合)は1907(明治40)年、官設鉄道十勝線として開通。北海道の東西を結ぶ大動脈として活躍したが、新たな路線が建設され、66年に廃線となった。

 同遺構群は、道内のれんが造りの鉄道アーチ橋としては最初期につくられた「小笹川橋梁(きょうりょう)」や、延長480メートル、のり面長60メートルの大築堤を通る「大カーブ」など10件の構造物で構成する。2020年に町文化財に指定された。

 このうち「落合第19号溝橋」など6カ所で案内看板が未設置だった。このため遺構群入り口の町道沿いに看板を新設した。看板は縦30センチ、横40センチ、高さ1.2メートルのアルミ製で、21日に立てた。

 18年までの狩勝トレイルランニングを運営した実行委員会からの寄付金を費用に充てた。

 町教委の大橋祐貴社会教育係長は「御影石積みアーチ橋など明治期の歴史的遺産が現存している。次年度は、郷土の歴史を探訪するツアーを企画し内外に鉄道遺構群をPRしたい」と話している。

関連記事

苫小牧民報

豚丼や新得そば、名産販売 ニュー王子 26日まで「十勝うまいもの市」

苫小牧市表町のグランドホテルニュー王子は、第1回北海道物産展として十勝管内のグルメを集めた「十勝うまいもの市」をホテル内の旧レストラン・ハルニレで開いている。26日まで。  霜降り肉の「かみ...

苫小牧民報

厚真産ハスカップ初競り 甘酸っぱい初夏の味 最高値2000円

厚真町の特産品ハスカップの初競りが24日、苫小牧市公設地方卸売市場で行われた。卸売取引の最高値は「特A大」の1パック(300グラム)が2000円で、前年を500円上回る絶好のスタート。生産するとま...

名寄新聞

住民の関心高く長蛇の列・下川商業高3年が地元初の販売実習会【下川】

 下川商業高校(島瀬展成校長)3年生35人の販売実習会が、23日午前11時から下川町内の元寿フードセンターと名寄市内の西條名寄店前で開かれた。名寄開催は昨年に続き2度目。下川での開催は初となり、にぎ...

十勝毎日新聞

鹿追高が道外から出願可能に 寮や発信、町も後押しへ【鹿追】

  鹿追高校(俵谷俊彦校長、生徒126人)が2023年度入試から、道外からも出願が可能となった。これを受け、鹿追町も寮や下宿など滞在環境整備の検討、全国に向けた同校の魅力発信などを支援していく。 ...

十勝毎日新聞

ハスカップ食べ頃 向井さん来月上旬まで畑開放【大樹】

 大樹町東和地区にある向井稔さん(85)の畑でハスカップの実が熟し、摘み頃を迎えている。7月上旬まで有料で開放している。  向井さんは20年以上前からハスカップの栽培に取り組んでいる。現在は...

CATEGORY記事カテゴリー

MEDIA参加新聞社

ARCHIVE月別記事リスト

RANKINGアクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス